2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Foxconn、Appleシリコン搭載iMacの量産を開始か

    iMac-2020-wallpaper

    iMac-2020-wallpaper
     
    Foxconnが、新しいiMacの量産を開始するようです。リーカーが「量産開始前の式典の写真」を投稿しています。

    Foxconnが量産開始前の式典を開催?

    最近ではiPhone12に同梱される見込みの編み込みUSB-C – Lightningケーブルなど、数々のリーク画像を投稿してきたMr.white氏(@laobaiTD)が、AppleサプライヤーのFoxconnが新型iMac量産を前に、式典を開催している様子を撮影したものだとする画像をTwitterに投稿しました。
     
    ズームインした2枚目の画像に映る幕には、たしかに「iMac」の文字が確認できます。
     


     
    「これが何か説明してください」というフォロワーの質問に対しMr.white氏は「ARM Mac」と答えています。つまりFoxconnは、Appleシリコン搭載iMacの量産を開始したということになります。

    Appleシリコン搭載iMacが年内に登場か

    新型iMacについては著名アナリストのミンチー・クオ氏が6月に、「新デザインを採用した24インチiMacが2020年第4四半期(10月〜12月)に発売される」との予測を発表しています。
     
    AppleはWWDC 2020で、Appleシリコンを搭載したMacを2020年末までに発売すると予告しました。初のAppleシリコン搭載Macは13インチMacBook Proになるとの情報提供が相次いでいますが、現時点での量産開始が事実なら、Appleシリコン搭載iMacも年内に発売される可能性があります。

     
     
    Source:Mr.white(@laobaiTD)/Twitter
    Photo:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次