トップページ > 最新情報 > Apple Watch廉価モデルを15日に発表? S4風デザイン、心電図アプリ非対応
2020年9月11日 23時23分

読了まで 233

Apple Watch廉価モデルを15日に発表? S4風デザイン、心電図アプリ非対応

Apple Watch Series 6_EAP_01


 
リーカーのジョン・プロッサー氏が、Apple Watch廉価モデルが、現地時間9月15日に開催されるイベントで発表されると伝えています。同氏によれば、Apple Watchの廉価モデルはApple Watch Series 4の筐体を利用している可能性があるようです。

ケース径40mmと44mm、GPSとセルラーモデル


 
プロッサー氏によるApple Watchの廉価モデルに関するリーク情報は下記の通りです。最初のツイートに記載したケース径42ミリは、44ミリの間違いだとプロッサー氏は修正しています。
 

コードネーム ケースサイズ ネットワーク関連情報
N140S 40ミリ GPS
N140B 40ミリ セルラー
N142S 44ミリ GPS
N142B 44ミリ セルラー

 
同氏によれば、Apple Watch廉価モデルApple Watch Series 4のようなデザインで、常時点灯ディスプレイ、心電図測定機能は非搭載、M9チップを搭載しているとのことです。
 
著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏も、心電図測定機能を省いたApple Watchが登場する可能性を示唆するメッセージを投稿していました。

Apple Watch SEという名前ではない?


 
Apple Watchの廉価モデルは「Apple Watch SE」と呼ばれるとの噂もありますが、Appleのハードウェアエンジニア向けリストにはそのような表記はなく、「Apple Watch」「Apple Watch Pro」の2つの名称のみが記されていると、プロッサー氏は伝えています。
 
iPhone SE(第2世代)の発売日を的中させるなど、Apple製品に関するリーク情報で注目を集めてきたプロッサー氏ですが、WWDC 20の予想を外した後は、9月8日のプレスリリースの内容に関する予想も外していました。
 
 
Source:Jon Prosser/Twitter
Photo:EverhthingApplePro/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる