トップページ > 最新情報 > iPhoneOSの予想間違い~プロッサー氏は誤情報を掴まされたのか?
2020年7月3日 00時10分

読了まで 21

iPhoneOSの予想間違い~プロッサー氏は誤情報を掴まされたのか?

iPhoneOS14
 
ジョン・プロッサー氏は、WWDC 20で発表されるiOS13の後継OSの名称は、「iPhoneOS」になると予想していました。しかし、発表されたOSの名称はiOS14だったため、プロッサー氏の予想は外れたことになります。その理由についてMacworldの記者、デビット・プライス氏は、「プロッサー氏はニセの情報を掴まされたのだ」と記しています。

「iPhone OS」とツイート

ジョン・プロッサー氏は現地時間2020年6月19日に、「iPhone OS」との短いツイートを投稿し、iOSの名称がiPhoneOSに変更される可能性を示唆していました。
 


 
しかし、WWDC 20で発表されたiOS13の後継OSの名称は、プロッサー氏の予想したiPhoneOS14ではなく、iOS14でした。

Appleが誤った情報をわざとリークさせた?

Jon Prosser BIO
 
プライス氏は、Appleはプロッサー氏へのリーク元らしき人物を推測し、その人物にあえて間違った情報を流してプロッサー氏の反応を確認することで、リーク元の特定に成功した可能性があると予想しています。
 
それらしいことを示唆する情報としてプライス氏は、プロッサー氏が自身のTwitterのBio欄に「Tim found my software source(ティムは私の、ソフトウェアソースを見つけました)」と表記していたことを指摘しています。プロッサー氏のBio欄には現在、このメッセージは表示されていません。
 
プライス氏は、iPhoneOSになるという予想が間違いだったとしても、プロッサー氏の、複数ソースからのリーク情報は傾聴に値するものだとし、同氏のリーカーとしての評価は、iPhone12の予想が的中するかどうかが重要になるだろうと記しています。
 
 
Source:Macworld, Jon Prosser/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる