2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Waze、デスクトップで作成したルートがiPhoneアプリに送信可能に

    Waze

    Waze
     
    Googleが所有するナビゲーションアプリ「Waze」が今週、アップデートされました。これによりユーザーは、WazeのWebサイトから直接モバイルアプリにルートを送信できるようになりました。

    デスクトップで作成したルートがiPhoneに送信可能に

    今回の変更によりWazeユーザーは、渋滞情報がリアルタイムで反映される「ライブマップ」を介して、より大きな画面で旅の計画を立て、そのルートをデスクトップからiPhoneのWazeアプリに送信できるようになりました。
     
    新しい機能を使用するには、Wazeを最新バージョンに更新していることを確認し、以下の手順に従ってください。
     

    1. デスクトップのWebブラウザで、Wazeの「ライブマップ」にアクセスします。
    2. 右上にある「ログイン」ボタンをクリックします。
    3. ログインするには、「iPhone」のカメラで表示されるQRコードをスキャンします。
    4. 出発地、目的地、日時を設定してルートを計画します。
    5. 「アプリに保存」をクリックします。
    6. 「iPhone」でWazeアプリを開くと、作成されたルートが準備できているはずです。特定の時間に到着するように設定している場合、アプリはリアルタイムの渋滞状況を考慮し、いつ出発する必要があるかについてリマインダーを送信します。

     
    Wazeアプリは、App Storeから無料でダウンロードできます。
     

     
     
    Source:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次