トップページ > 最新情報 > iPadOS14でのApple Pencilによる手書き入力解説〜どこでも認識
2020年8月31日 00時10分

読了まで 20

iPadOS14でのApple Pencilによる手書き入力解説〜どこでも認識

Scribble iPadOS14 5


 
Cult of Macが、iPadOS14に搭載されるApple Pencilによる手書き文字入力機能スクリブル」を動画で解説しています。「スクリブル」には、ZAURUSやPalm Pilotにあったような文字入力エリアもなく、iPadの画面上のどこに手書きしても素早く認識し、テキストに変換している様子が確認できます。

全てのテキスト入力フィールドに対応

Scribble iPadOS14 4
 
iPadOS14に搭載される予定の新機能、「スクリブルを使えば、Apple Pencilを使ってほぼどこにでも手書き入力できるとCult of Macは説明しています。
 
Scribble iPadOS14 2
 
同メディアによれば、「Safariの検索バー」「iMessageの会話」「Spotlightの検索ボックス」など、iPadのほぼ全てのテキスト入力フィールドで「スクリブル」を利用可能とのことです。
 
「スクリブル」でのApple Pencilの活用は手書き入力だけではなく、テキストの編集も可能で、いくつかのジェスチャーを使用して「テキスト全体の選択」「消去」「挿入」などの機能も使えるようです。

「メモ」アプリでの活用

Scribble iPadOS14 2
 
Cult of Macは、「スクリブル」はテキスト入力フィールドへの手書き入力だけではなく、「メモ」アプリでのスマート選択機能も素晴らしいと評価しています。
 
「メモ」の手書きを領域選択しテキストに変換する際のスマート選択機能では、クセ字も正しく認識されたと同メディアは報告しています。
 
「スクリブル」の優れた機能は、AppleInsiderも動画で報告しています。
 

 
iPadOS14の手書き入力機能、「スクリブル」により、Apple Pencilの活躍の場が拡がることが期待されます。
 
 
Source:Cult of Mac, AppleInsider
Photo:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる