トップページ > Mac > iFixit、新型27インチiMacの分解レポートを公開。CPUは換装可能?
2020年8月11日 18時26分

読了まで 232

iFixit、新型27インチiMacの分解レポートを公開。CPUは換装可能?

iFixit 27インチiMac 2020 分解

 
新型27インチiMac分解レポートを、iFixitが公開しました。CPUが交換可能になっているようだ、と報告しています。修理のしやすさは10点満点中4点という評価です。

発売されたばかりの27インチiMacをバラバラに

先日発売された27インチiMacは、第10世代Intelプロセッサが搭載され、全モデルストレージがSSD化されるなど、パフォーマンスが向上したモデルです。
 
各種ガジェット製品の分解レポートで知られる電子機器修理サービスのiFixitが、さっそく27インチiMacを分解し、レポートを公開しました。
 
内部構造のX線写真により、部品が本体下部に配置されていることがわかるほか、スピーカードライバーのマグネットや排熱用パイプの配置も確認できます。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 
本体背面のフタを開けると、ユーザーがRAMをアップグレードできる構造となっています。iFixitは、2013年モデルからこの構造が維持されていることを「良いことだ」と評価しています。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 

Face ID搭載の予兆は発見されず

新型27インチiMacでは、FaceTimeカメラの解像度が720pから1,080pにアップグレードされています。カメラ部分を分解したiFixitは、Macに搭載の噂がある顔認証用のFace IDシステムを探したものの、発見できなかったそうです。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 
27インチiMacは、マイクも強化されています。ディスプレイ下部に隠れた下部マイクが従来の1つから2つに増え、FaceTimeカメラ近くの上部マイクと合わせた3マイクアレイになり、ノイズ低減を含む音質向上につながっています。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 

CPUは換装可能?

Appleは27インチiMacに搭載されたT2セキュリティチップにより、暗号化ストレージなどのセキュリティ性能向上と同時に、スピーカーの低音域レスポンス向上、顔検出、HEVCビデオトランスコードの高速化などの効果が出ている、と説明しています。
 
Apple T2 セキュリティチップ
 
T2セキュリティチップの隣にあるCPUは、LGA1200規格のCPUソケットで接続されていることから、CPUの交換が可能となっているようだ、とiFixitは指摘しています。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 
また、ストレージが4TBと8TBのモデルのみSSDを拡張できると伝えられていますが、iFixitも、分解した128GBストレージモデルに、ストレージ接続用とみられる拡張ボードが見つかったと報告しています。

修理しやすさは10点中4点

iFixitは、新型27インチiMacの修理しやすさについて、RAMの交換が簡単であること、本体内部を開けた後は分解が比較的容易であること、CPUを換装可能であることを評価しています。
 
一方で、本体を開けるのが困難であること、ストレージを交換できないことをマイナス評価し、総合評価を10点満点中4点と評価しています。
 
iFixit 27インチiMac 2020 分解
 
 
Source:iFixit
(hato)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる