2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    初代iPhoneのプロトタイプ画像、ボツになったミュート表示も

    iPhone 2G 初代 iPhone プロトタイプ

    iPhone 2G 初代 iPhone プロトタイプ
     
    初代iPhoneプロトタイプ画像が公開されました。実際には採用されなかった、ミュートスイッチのアイコンも確認できます。

    開発中の初代iPhoneの試作品

    初代iPhone(iPhone 2G)のプロトタイプが三台並んだ画像を公開したのは、最近ピアノブラックが特徴的な初代iPod touchのプロトタイプ画像を公開した、Dongle(@DongleBookPro)氏です。
     
    3台をよく見比べると、Appleロゴの仕上げが異なるほか、製品情報やストレージ容量などの刻印の有無にも違いが見られます。
     
    また、3台のうち中央の1台には、側面のミュートスイッチに、ベルのアイコンが印字されています。
     
    iPhone 2G 初代 iPhone プロトタイプ
     

    Apple内部向けツールの表示も

    画面が表示された3台のうち2台には、Apple内部向けの診断ツールが表示されています。
     
    iPhone 2G 初代 iPhone プロトタイプ
     
    画像中央のプロトタイプには、AT Command、Burn-In、Operator、Rumble、SkankPhone、Soundwaveのアイコンが確認できます。
     
    画像左には、各種機能を検査できるSkankPhoneの画面が表示されています。
     
    画像右には、iPhoneとパソコンのiTunesをUSBケーブルで接続するよう促す表示が出ています。
     


     

    開発途中にはクリックホイールも検討されていた

    2019年3月には、大きな基板にSIMカードスロットなどが取り付けられた、初代iPhoneの開発初期のプロトタイプの画像が公開されています。
     
    元Apple役員で「iPodの父」とも呼ばれるトニー・ファデル氏は2016年に、初代iPhoneのプロトタイプにはiPodのようなクリックホイールがついていた、と発言しています。
     
    2017年には、画面下部にクリックホイール風の操作部分が表示された、初代iPhoneのプロトタイプの映像を、リーク情報で知られる人物が公開しています。
     
     
    Source:Dongle(@DongleBookPro)/Twitter via AppleInsider
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次