トップページ > 最新情報 > Apple Watch、将来は救急隊に利用者の心拍数等を伝えることが可能に?
2020年8月8日 01時45分

読了まで 217

Apple Watch、将来は救急隊に利用者の心拍数等を伝えることが可能に?

apple watch 転倒
 
Apple Watchの転倒検出機能は、今まで多くの人の命を救ってきましたが、今後更に進化し、利用者の心拍数等の重要な情報を救急隊に伝えることが可能になるかもしれません。

Apple Watchの転倒検出機能は多くの命を救ってきた

emergency-services
Apple Watchの転倒検出機能は、ハシゴから落下して動けなくなった高齢者の危機を自動通報するなど、今まで多くの人の命を救ってきました。
 
また、海外の多くの国で利用されているApple Watchの心電図アプリは、利用者の異変を検知し、病気の早期発見に貢献しています。
 
さらに、アメリカではApple Watchを利用した新型コロナの検出方法の研究や、うつ病と睡眠の関連性の研究も進められています。
 
このたびAppleがApple Watchに関する特許を更新したことから、海外では今後、自動通報時に心電図アプリ等の情報が活用される可能性が指摘されています。

救急隊に利用者の心拍数や健康状態を伝えることが可能に

現在、Apple Watchの転倒検出機能は、利用者の落下や転倒を検出し、利用者からの反応が無い場合には、救急隊への自動通報やGPS情報の送信、事前登録済の緊急連絡先へのメッセージ送信が可能となっています。
 
自動通報に新たに追加される機能として、転倒した利用者の心拍数や、身長、体重、体脂肪率等の特徴を救急隊に音声で伝えることが可能になると予測されています。
 
海外の情報サイトでは、将来以下のような自動通報がApple Watchから行われる可能性があると噂されています。
 
「この通話はジョン・アップルの代理としての自動通報です。ジョンは38歳の男性で、強く転倒し反応がありません。ジョンの現在地はニューヨーク市5番街767番地付近です。ジョンの現在の心拍数は毎分33回となっており、平常時は毎分42回です。ジョンの身長は5フィート11インチで、体重は168ポンド、BMIは23.54で、体脂肪率は22%。全て健康値で、心房細動の兆候はありません。ジョンは普段から運動を行っており、治療記録はありません。この音声メッセージは心拍数の情報を更新しつつ、3回繰り返されます」
 
利用者の最新の心拍数や、普段の健康状態が救急隊に伝えられることで、より効果的な救命対応が行われることが期待されています。
 
なお、日本では、転倒検知機能による自動通報は可能ですが、心電図アプリは日本政府の認可が必要なため、現在では利用不可となっています。
 
 
Source:9to5Mac
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる