トップページ > iOS > iPhoneやMacに複数の脆弱性、JPCERT/CCがアップデートを呼びかけ
2020年7月16日 23時57分

読了まで 211

iPhoneやMacに複数の脆弱性、JPCERT/CCがアップデートを呼びかけ

注意 警告


 
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月16日、公開されたばかりのiOS13.6macOS Catalina 10.15.6などで複数の脆弱性が修正されている、としてアップデートの適用を呼びかけています。

すべてのApple製品にアップデートを推奨

JPCERT/CCが脆弱性による影響を受けるとして、アップデートを呼びかけているのは、以下のOSやソフトウェアを使用するApple製品です。ほぼ全てのApple製品が、脆弱性により影響を受ける可能性があります。
 

  • iOS13.6より前のバージョン
  • iPadOS13.6より前のバージョン
  • macOS Catalina 10.15.6より前のバージョン
  • macOS Mojave(Security Update 2020-004 未適用)
  • macOS High Sierra(Security Update 2020-004 未適用)
  • tvOS13.4.8より前のバージョン
  • watchOS6.2.8より前のバージョン
  • Safari13.1.2より前のバージョン

 
JPCERT/CCは、影響を受ける内容は脆弱性により異なるものの、任意のコードの実行、サービス運営妨害(DoS)、情報漏えい、アクセス制限不備、認証不備、情報の改ざん、制限回避、任意のスクリプト実行、認証回避、任意のコマンド実行などの可能性がある、と指摘しています。
 


 

Appleは7月16日未明にアップデートを公開

Appleは7月16日未明、iOS13.6iPadOS13.6macOS Catalina 10.15.6watchOS6.2.8、tvOS13.4.8 、Safari13.1.2を公開しています。
 
Appleは、iOS13.6で「悪意をもって作成されたオーディオファイルにより、任意のコードが実行されるオーディオの脆弱性」などが修正されていると説明しています。
 
 
Source:JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC), Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる