Apple、iPadOS13.6をリリース

    iPadOS13.6

    iPadOS13.6
     
    Appleは現地時間7月15日、iOS13.6とともにiPadOS13.6をリリースしました。以下、リリースノートを転載します。

    iPadOS13.6リリースノート

    iPadOS13.6には、iPadで発生していたバグの修正および改善が含まれます。
     

    • Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
    • iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
    • 特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
    • 日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
    • AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
    • 常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供

     
    iOS13.6のリリースノートはこちらの記事を参照してください。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次