Appleシリコンのコードネームは「Tonga」と「Firestorm」?

WWDC 2020 Apple Silicon シリコン

WWDC 2020 Apple Silicon シリコン
 
有没有搞措(@L0vetodream)氏がTwitterに、「Tonga and Firestorm」との短いメッセージを投稿しました。フォロワーの多くはこのメッセージの意味について、Appleが開発中のAppleシリコンのコードネームのことだろうと予想しています。

Firestormは8つの高パフォーマンスコアか?

開発中のAppleシリコンは、コードネーム「Firestorm」と名付けられた8つの高パフォーマンスコアと、Apple社内で「Icestorm」と呼ばれる4つの省電力コアで構成されるとの予想が既に伝えられています。
 
有没有搞措(@L0vetodream)氏がTwitterに投稿した、「Tonga and Firestorm」のうち、「Firestorm」は8つの高パフォーマンスコアを指していると予想されます。
 


 
「Tonga」についてフォロワー間では、A15ではないかとする意見や、GPUのことだろうという意見が交わされています。Appleは現在、6種類のプロセッサを開発中と噂されています。

謎の「9」のメッセージも投稿

有没有搞措(@L0vetodream)氏は7月7日にも、「9」と短いメッセージを投稿しています。こちらのメッセージの意味についても多くの予想が投稿されていますが、「新型iMacの登場は9月という意味では」と考えているフォロワーが多いようです。
 
27インチiMacは、出荷予定日が大幅に延びているのが、海外だけではなく国内でも確認されています。
 
 
Source:有没有搞措(@L0vetodream)/Twitter (1), (2)
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次