トップページ > Mac > macOS Big Surベータ2がリリース
2020年7月8日 05時59分

読了まで 159

macOS Big Surベータ2がリリース

macOS Big Sur


 
Appleは現地時間7月7日、開発者向けにmacOS Big Surベータ2をリリースしました。世界開発者会議(WWDC 2020)でのベータ1リリースから2週間での公開となります。

大幅なアップデート、macOS Big Sur

デザインが一新

macOS Big Surではツールバーやアプリアイコンのデザインが変わります。またDockのデザインもアップデートされ、よく使うアプリが見つけやすくなります。
 

コントロールセンター

Mac用のコントロールセンターが登場、Wi-FiやBluetoothなど、よく使うコントロールにすばやくアクセスできるようになります。コントロールの追加やメニューバーへのドラッグなど、カスタマイズも可能です。

 

通知センター

通知とウィジェットがひとつの場所にまとめられます。ウィジェットは3つのサイズがあるので、見やすくレイアウトすることができます。
 

Safari

スタートページがカスタマイズできるようになるほか、タブのデザインが進化し、一度にチェックできるタブの数が増えます。またタグの上にカーソルを重ねると、そのページのプレビューが表示されます。
 
App Store内では、Safariの拡張機能が見つけられる、新たな専用カテゴリーが登場、拡張機能が利用しやすくなります。
 
保存済みのパスワードがデータ漏えいで不正にアクセスされると警告する機能が追加されます。
 
そのほか、メッセージ、検索、マップなども進化しています。なおmacOS Big Surの日本語版プレビューページも公開されており、新機能を日本語でチェックすることができます。
 
Appleは同日、iOS14ベータ2、watchOS7ベータ2、tvOS14ベータ2も開発者向けにリリースしています。

 
 
Source:MacRumors,Apple
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる