トップページ > iOS > iO14とmacOS Big Surのボイスメモアプリに「音質改善」機能が追加
2020年7月1日 17時25分

読了まで 29

iO14とmacOS Big Surのボイスメモアプリに「音質改善」機能が追加

ボイスメモ
 
Appleの世界開発者会議(WWDC 2020)で発表されたiOS14macOS Big Surのさまざまな新機能が明らかになっていますが、ボイスメモアプリもアップグレードされていることがわかりました。新たに「音質改善(Enhance Recording)」機能が追加され、録音を行ったあとに音質をよりクリアにすることができるようになりました。

タップひとつでバックグラウンドノイズと室内残響を低減

Appleによれば、ボイスメモアプリの「音質改善」機能で、バックグラウンドノイズと室内残響をタップひとつで低減することができるとのことです。
 
ひとたび録音を終えると、写真アプリの自動補正に似た小さなアイコンが表示されます。音質改善ボタンをタップすると、音質を自動的に改善してくれます。
 
音質改善機能は、iPhone、iPadやMacから直接録音を行ってポッドキャスト制作を行う人にとって特に役に立ちそうです。
 


 
ボイスアプリに追加された新機能は以下のとおりです。
 

  • フォルダ:ボイスメモ録音のオーガナイズが可能に
  • スマートフォルダ:Apple Watch上の録音を自動でオーガナイズ
  • お気に入り:気に入った録音をお気に入りに指定可能に
  • 音質改善:バックグラウンドノイズと室内残響をタップひとつで低減

 
新らしくなったボイスメモをアプリは、iOS14、iPadOS14macOS 11 Big Surのベータ版で利用可能となっています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:@viticci/Twitter
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる