トップページ > 最新情報 > ARMへの移行に2年間、最終的にARM-Server CPUも検討中?
2020年6月17日 23時08分

読了まで 216

ARMへの移行に2年間、最終的にARM-Server CPUも検討中?

ARM Macbook_EAP_2


 
IntelプロセッサからARMプロセッサへの移行は、今後2年間かけてデスクトップ、ラップトップで行われ、サーバー用プロセッサが登場する可能性もあると、有没有搞措(@L0vetodream)氏が伝えています。

アプリの対応が課題か

アプリの対応などを鑑み、どの程度の移行期間が考えられるかとしたフォロワーの質問に、有没有搞措(@L0vetodream)氏は2年間と答えていることから、ARM搭載Macへの移行は、アプリとの互換性や対応状況を見ながら進められると思われます。
 


 


 
移行期間とアプリの対応については、Fudge(@choco_bit)氏も徐々に進むであろうことを予想していました。

ARM搭載MacBookの登場時期は?

ARM搭載Macと思われる製品は既に、ユーラシア経済委員会(EEC)の製品データベースへの掲載が確認されています。
 
Fudge(@choco_bit)氏は、「我々の期待よりも早く、ARM搭載MacBookが登場するかもしれない」とツイートしていた他、有没有搞(@L0vetodream)氏も年内とツイートしており、2020年内に実製品の発表が行われる可能性もありそうです。
 

ARMの電力効率の高さを活かしたサーバー用CPUか?

Apple製サーバー向けARMプロセッサの登場は、IntelやAMDにとっても大きな脅威となるだろうと、有没有搞(@L0vetodream)氏は伝えています。
 
ARMプロセッサの高い電力効率を活かしたサーバー用CPUを提供する企業であるAmpere Computingには、ジャン=ルイ・ガセー氏も注目しているようです。
 
 
Source:有没有搞措(@L0vetodream)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる