2020年6月4日 18時11分

読了まで 27

iPhone12 Maxと12 Pro、2つの6.1インチモデルを来月から生産か?

iPhone12 EAP10


 
シリーズにラインナップされると噂の4モデルのうち、6.1インチディスプレイを搭載するiPhone12 Maxおよびの生産が、7月には始まるようです。

6.1インチモデルは、他モデルとは異なるサプライヤーの部品を使用

FPCB Fujikura
 
The Postは、台湾メディアDigiTimesの情報だとし、「iPhone12の6.1インチディスプレイ搭載モデルの生産が7月に始まるようだ」と報じました。同メディアによれば、5.4インチディスプレイを搭載するiPhone12、6.7インチディスプレイ搭載のより先に、これら2モデルの生産が始まるとのことです。
 
The Apple Postはまた、iPhone12 MaxとiPhone12 Pro用タッチパネルモジュールは、iPhone12やiPhone12 Pro Maxとは異なるサプライヤーのものが使用されているようだと伝えています。
 
iPhone12 Maxは、フジクラ製フレキシブルプリント基板を採用し、欠陥品多発問題を解消したLG製OLEDを搭載するとの情報もあります。

6.1インチモデルはY-OCTA非採用

iPhone12 MaxiPhone12 Proは、Y-OCTA(パネルとタッチセンサーが一体化した次世代OLEDで、タッチセンサーフィルムを別に用意する必要がなく、コスト削減と薄型化を見込める)ではない従来型のディスプレイを搭載すると、ディスプレイのサプライヤー事情に詳しいニュースサイトDSCCが伝えていました。
 
DigiTimesが6月1日に有料購読会員向けに配信した情報をもととする報道には、6.1インチモデルの解釈について、iPhone12 Maxのみとするものと、The Apple PostやAppleInsiderのようにiPhone12 MaxとiPhone12 Proの2機種とするものがあります。
 
 
Source:DigiTimes via The Apple Post, DSCC, AppleInsider
Photo:フジクラ, EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる