watchOS6.2.5で利用できるはずの新文字盤、一部のユーザーが利用できず - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > watchOS6.2.5で利用できるはずの新文字盤、一部のユーザーが利用できず
2020年5月19日 19時03分

読了まで 237

watchOS6.2.5で利用できるはずの新文字盤、一部のユーザーが利用できず

watchOS6.2.5 Apple Watch 2020 プライド Pride 文字盤 ウオッチフェイス


 
watchOS6.2.5へのアップデートで、プライドエディションの新しい文字盤が利用可能になると予告されていましたが、一部のユーザーが利用できないと報告しています。

watchOS6.2.5にアップデートしても新文字盤が使えない

Appleは、現地時間5月18日に公開されたwatchOS6.2.5で、新デザインのプライドエディション文字盤が利用可能になると予告していました
 
しかし、watchOSをアップデートした一部ユーザーから、新デザインの文字盤が利用できない、との報告が寄せられています。

筆者のApple Watchでも利用不可

Appleサポートの公式Twitterは、watchOSのアップデート後にiPhoneとApple Watchを再起動するよう促すとともに、国・地域によって利用できない文字盤が存在すると案内しています。
 


 
ちなみに、法律で同性愛を禁止しているロシアでは、プライドエディションの文字盤が表示されませんが、日本では2018年と2019年のプライドエディションが提供されています。
 
筆者のApple Watch Series 5でも、新デザインの文字盤は表示されません。
 
watchOS6.2.5 文字盤ギャラリー
 
iPhoneとApple Watchを再起動してみましたが、状況に変化は見られません。

iOS13.5GMとの組み合わせでも表示不可

開発者向けにリリースされたiOS13.5のGMをインストールしたユーザーは、「Watch」アプリでは新デザインの文字盤が表示されるが、Apple Watchでは表示されないと報告しています。
 


 
9to5Macは、Appleが今後、新デザインの文字盤を追加リリースするのか、watchOS6.2.5のバグとしてアップデートが必要になるかは現時点では不明だ、とコメントしています。
 
なお、Appleは、新デザインのプライド文字盤に合わせたApple Watch用バンドの販売を開始しています。
 
Apple Watch 2020 プライド バンド
 
 
Source:9to5Mac
Photo:9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる