トップページ > Apple Watch > 同性愛を示すApple Watchのフェイス、ロシアでAppleが自主規制
2018年8月31日 20時46分

読了まで 226

同性愛を示すApple Watchのフェイス、ロシアでAppleが自主規制

Apple Watch Pride
 
Appleによって6月に開催されたWWDCでは、Apple Watchの新たなウォッチフェイス(壁紙)「プライドエディション」がバンドと合わせて大々的に発表されました。しかし、ロシアでは同フェイスが利用できないことが確認されています。

コードで特定のフェイスを制御

「プライドエディション」のウォッチフェイスがリリースされて以来、ロシアではなぜApple Watch上で同フェイスが選択できないのか、Appleサポートフォーラムなどを始めとして、様々な場所で取りざたされてきました。
 


 
例えばiOS12ベータ上では、設定画面から一般>言語と地域で「地域」をロシアに設定すると、プライドエディションのフェイスが使用できなくなることが確認されています(ロシアで販売されている製品は、地域をロシア以外に変更しても利用できないという指摘もあります)。
 
これについて、iOSデベロッパーのギルヘルム・ランボー氏がiOSの解析を行ったところ、ロシア(RU)をソフトウェア制御で除外するような記述がコードから見つかりました。
 

現地の法律遵守を優先

ロシアは現在、「非伝統的な性的関係を未成年者に宣伝すること禁ずる」ために同性愛宣伝禁止法を制定し、ゲイを始めとした同性愛者を厳しく取り締まっています。
 
Appleとの間にもこれまでに、iTunesで無料提供されていたU2のアルバムが「ゲイのプロパガンダ」とされたり、LGBTの絵文字が規制されたりするといった衝突があったほか、2014年にはティム・クック最高経営責任者(CEO)のカミングアウトによって、故スティーブ・ジョブズ氏の記念碑が撤去されたこともあります。
 
ゲイを含むLGBTQを象徴している「レインボーカラー」は、Appleが取り組んできた多様性尊重の証と言えるはずです。それだけに今回、中国でのアプリ削除同様「現地の法律を尊重する」というスタンスに立つのは、さぞかし苦渋の決断だったに違いありません。
 
 
Source:THE VERGE,Twitter[1],[2]
(kihachi)

カテゴリ : Apple Watch, iOS, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる