トップページ > 最新情報 > WWDC 2020〜開発者向けに、ARM、Face ID搭載Macの情報提供か
2020年5月16日 04時39分

読了まで 29

WWDC 2020〜開発者向けに、ARM、Face ID搭載Macの情報提供か

Face ID on MacBook
 
2020年6月22日にオンラインで開催されるWWDC 2020では開発者向けに、ARMプロセッサのサポートや、Face ID搭載Macに関する最新情報が提供される可能性があると、米テック系メディアDigital Trendsが伝えています。

ミー文字とMacBookの画像が意味するもの

Apple WWDC 2020
 
WWDC 2020に関するプレスリリースには、ミー文字とMacBookが描かれていますが、これは(ミー文字を使えるようにするための)Face IDを搭載したMacBookに関して何らかのアナウンスが行われるのを示唆していると、Digital Trendsは考えているようです。
 
同メディアはそう考える理由として、ミー文字を使うにはFace ID対応デバイスに搭載されるTrueDepthカメラが必要になることをあげています。

Face ID搭載Macに関する特許情報

Face IDを搭載したMacに関する特許は既に、2019年8月6日付で米国特許商標庁(USPTO)により認可されており、ミー文字の活用だけではなく、セキュリティ強化という点でも注目されています。
 
Digital Trendsは、「WWDC 2020でFace IDを搭載したMacの発売計画を明らかにすることは、製品発売に向けたソフトウェアの対応という点で、開発者とApple 双方にメリットをもたらす」と伝えています。
 
Face IDを搭載したMacBookに関してNorth’s Globe TC(@thenorthsglobe)氏は、MacBook Proのデザインを一新するタイミングで登場するのではないかと投稿していました。

ARMプロセッサのサポートに関する予想

WWDC 2020では、Face ID対応Macに関する最新情報だけではなく、ARMプロセッサのサポートに関するアナウンスも行われるだろうと、Digital Trendsは予想しています。
 
ジョン・プロッサー氏も、2020年4月に行った情報交換でARMプロセッサのサポートについて、「WWDC 2020で何らかのアナウンスがされる可能性が高い」と伝えていました。
 
 
Source:Digital Trends
Photo:Patently Apple, Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる