2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、MacのためのFace IDの特許を取得〜自動起動が可能か


     
    Appleが2017年に申請していたMacのためのFace IDの特許が、8月6日付で米国特許商標庁(USPTO)により認可されました。MacにFace IDが搭載されることで、自動起動が可能になると記載されています。

    頻発する予期せぬスリープ機能の発動

    Appleが新たに取得した特許には、コンピュータのスリープ機能が思ったように作動しない現象についてまず述べられています。
     
    多くのコンピューティングデバイスが搭載する省電力機能/モードは、デバイスを使用していないときに電力消費を減らすことを目的としています。省電力機能では一般に、最後に入力を行ってからの経過時間を数えるタイマー方式が採用されています。
     
    しかしタイマー方式の場合、映画を見ていたり、音楽を聴いているときなど、使用中でもスリープモードに入ってしまうことがあります。省電力機能/モードからの回復には時間がかかるうえ、パスワードなどの再入力を求められる場合もあり、なかなか面倒です。

    デバイスの自動起動が可能に?

    Face IDがMacに搭載されることで、ユーザーが実際にデバイスの前にいるかが判断できるようになります。
     
    まず、最初のセンサーで物体がデバイスの近くにあるかを判断します。何かがデバイスの近くにあると判断すると、次のセンサーが起動し、その物体が人間であるかどうかを見極めます。
     
    人間がデバイスを使用している場合、その人とデバイスとの位置関係からデバイスを起動させるかどうかを判断します。すなわち、自動的な起動が可能になるわけです。
     
    Appleが特許を取得したからといって実際に技術を開発しているかどうかは定かでありませんが、すでにFace IDがiPhoneとiPadに搭載されている以上、Macへの応用はそう難しくないと推測できます。
     
     
    Source:Apple/USPTO via 9to5Mac
    Photo:Viktor Kádár
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次