トップページ > 最新情報 > Zoom対抗!Facebookが50人対応「Messenger Rooms」を公開
2020年5月15日 07時39分

読了まで 25

Zoom対抗!Facebookが50人対応「Messenger Rooms」を公開

Messenger-Rooms-Desktop-1


 
Facebookは現地時間5月14日、一部ユーザー限定で公開していた最大50人でのビデオ会議が可能な「Messenger Rooms」を正式公開しました。現在急速にユーザー数を増やしているZoomの対抗馬になると見られています。

FBアカウントを持たない人も招待可能

新型コロナウイルスの蔓延で自宅待機を余儀なくされるなか、ZoomやAppleのGroup FaceTimeなどの、複数の人々が同時にビデオチャットを楽しめるサービスが人気を集めています。
 
Facebookによると、Messenger Roomsでの会話に必要なルームはMessengerまたはFacebookアプリ内で作成することができ、Facebookアカウントを持っていないユーザーにもルームのリンクを送って招待することができます。利用時間の制限はありません。
 
Facebookでビデオ会議を行うには、ルームを作成し、ニュースフィード、グループ、イベントで共有するだけです。ルームを作成すると、ニュースフィードのトップに表示されます。主催者はルームへの参加メンバーやルームを見ることができる人を選択でき、許可しない人が参加できないよう、鍵をかけることも可能です。また不適切な発言をした人をルームから排除することもできます。
 
MessengerBlog_FB-News-Feed_Colored-1

近くInstagram DirectやWhatsAppからも利用可能に

Messenger Roomsは世界全体で利用可能ですが、現時点では地域によって使える機能が限定されています。北米のユーザーはFacebookアプリからしかルームが作成できず、その他の国々のユーザーはMessengerアプリからしかルームが作成できません。Facebookは徐々に全世界のユーザーが、すべての機能を利用できるようにすると説明しています。
 
また現時点ではFacebookとMessengerアプリでしかMessenger Roomsを利用できませんが、近くInstagram Direct、WhatsApp、Portalからも利用可能になるとのことです。
 
 
Source:Facebook via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる