トップページ > 最新情報 > Zoom、5月9日より「荒らし行為」防止対策として新しい設定を導入
2020年5月7日 02時16分

読了まで 153

Zoom、5月9日より「荒らし行為」防止対策として新しい設定を導入

Zoom


 
Zoomは、「Zoom爆撃」のような荒らし行為を防止する取り組みを行っていますが、5月9日より、Zoom無料版ではセキュリティ対策として、新たに3つの設定が導入されます。

5月9日より、無料版Zoomのアップデートが開始

同社は最近、最新版であるZoom 5.0をリリースし、9つの新機能を追加しました。これにより、セキュリティが強化され、ユーザーはプライバシーとセキュリティに関わる設定を柔軟に選択できます。
 
無料版では、3つのセキュリティ設定がデフォルトで有効になりますが、そのうちの2つはオフにすることもできます。
 
5月9日より、Zoomの無料版は次のようにアップデートされます。
 

  • 新規ミーティング、PMIを使用するミーティングなど全てのミーティングにパスワードが必要になります
  • 待合室機能はデフォルトで有効になります
  • 画面共有設定は、ホストのみに制限されます

「Zoom爆撃」のような荒らし行為への対策

パーソナルミーティングID(PMI)は、使いやすさを優先して設計された機能でしたが、「Zoom爆撃」のような脅威にさらされるようになりました。
 
ミーティングを開催する際には、ミーティングIDを発行し、ほかの参加者に共有することで会議を行うことができます。これまでは、パスワードが不要だったため、ミーティングIDを知っているユーザーなら誰でも、会議に参加することができました。
 
無料版と有料版どちらも、「Zoom爆撃」を防止する設定が適応されます。参加者が揃ったら会議をロックし、参加者がミーティングに参加する時点で自動的にミュートにして、承認するまで誰も発言できないようにします。
 
 
Source:9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる