Apple、身近なストアが閉店中のユーザーのためオンラインストアの「ハブ」を設置

    iphone11

    iphone11
     
    中国と韓国と一部の国や地域を除くApple Storeは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月中頃からすべて閉店となっています。Appleは、身近なストアが閉店中のユーザーを配慮し、家にいながらオンラインストアで商品を購入したり、サービスを受けるのを助ける新たな「オンラインハブ」をオープンしました。

    8つのセクション分けでどこに行けば良いのかが明確に

    Appleオンラインハブは、Apple.com/shopのURLからアクセスすることができます。今のところ、サービスは英語のみでの提供となっているようです。
     
    ハブの全体像は以下のようになっています。
     
    apple store
     
    「Appleサポート」「非接触宅配サービス」「決済ソリューション」「Trade Inプログラム」「Apple CardのDaily Cash」「注文の追跡」「Genius Bar」「Today at Apple(at Home)」の計8つのセクションで構成されています。
     
    上記のセクションの下では、8つのジャンルに分けられたApple製品ページにアクセス可能となっています。
     
    apple store
     
    Appleでリテール+人事(Retail + People)担当シニアバイスプレジデントを務めるディアドラ・オブライエン氏は、5月により多くのApple Storeが再オープンにこぎつけると4月末に述べています。
     
    5月に入ってから、欧州オーストリアの首都ウィーンのApple Storeや、オーストラリアの21店舗のApple Storeが営業を再開しています。
     
     
    Source:Apple via 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次