トップページ > 最新情報 > AppleとGoogle、新型コロナ対策でタッグ!濃厚接触の検出技術を開発
2020年4月11日 03時14分

読了まで 21

AppleとGoogle、新型コロナ対策でタッグ!濃厚接触の検出技術を開発

Apple Google


 
AppleとGoogleは現地時間4月10日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大対策に向けた共同の取り組みを発表しました。プライバシーを保護しながら、感染者との濃厚接触を検出する技術を共同開発します。

Bluetoothを活用し濃厚接触を検出・追跡

AppleとGoogleが共同の取り組みを行う分野は、新型コロナウイルス感染拡大防止に重要とされる、感染者との濃厚接触を検出・追跡するためのソリューション開発です。
 
両社の取り組みは以下の2段階で成り立っています。
 
第1段階として、公衆衛生当局が提供するアプリを利用するAndroidとiOSの端末間で相互運用が可能なアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を5月に公開します。アプリは、App Storeでダウンロード可能になる見込みです。
 
第2段階として、基盤となるプラットフォームに濃厚接触検出機能を組み込み、Bluetoothを活用して濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームを目指します。
 
AppleとGoogleは、「Bluetoothと暗号化の仕様およびフレームワーク資料」として、ユーザーのプライバシーを保護しながら感染拡大を予防するための仕様のドラフトも公開しています。
 
Apple Google 新型コロナウイルス
 

新型コロナ対策に取り組んできたAppleとGoogle

AppleとGoogleは、それぞれが新型コロナウイルス感染拡大防止のために様々な取り組みを行っています。
 
Appleは、新型コロナウイルスについての正しい情報を提供するアプリを公開しているほか、医療従事者向けのフェイスシールドの開発・提供、Appleと従業員による寄付やApple Storeの一時閉店などを行っています。
 
Googleは、情報提供に同意したユーザーのロケーション履歴情報をもとに、世界各国の外出自粛の状況を公開しています。
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる