トップページ > 最新情報 > Apple、自己診断ツールを含むCOVID-19アプリとWebサイトを公開
2020年3月28日 04時19分

読了まで 152

Apple、自己診断ツールを含むCOVID-19アプリとWebサイトを公開

https://www.apple.com/newsroom/2020/03/apple-releases-new-covid-19-app-and-website-based-on-CDC-guidance/
 
Appleは現地時間3月27日、米国在住者が自分が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していないかどうかを自己診断できるツールを装備したアプリとWebサイトを公開しました。米疾病対策センター(CDC)、ホワイトハウスのコロナウイルス対策部門、米連邦緊急事態管理局(FEMA)の協力を得て作成されています。

感染しているかどうかをチェックできる簡易ツール

COVID-19アプリとWebサイトは、どちらもCDCの最新ガイダンスをもとに作成、更新されており、自分がウイルスに感染しているかどうかを、簡単な質問に答えるだけでチェックできるスクリーニングツールを備えています。
 
またCOVID-19に感染した場合の症状、予防策、どんな人がテストを受けるべきかといった、基本的な情報も提供されています。
 
https://www.apple.com/newsroom/2020/03/apple-releases-new-covid-19-app-and-website-based-on-CDC-guidance/

Siriも情報を提供

米国在住者の場合、Siriに「コロナウイルスに感染しているかどうかはどうしたらわかりますか?」と質問すると、CDCのガイダンスやリソース、App Storeで提供されているテレヘルスアプリ(遠隔で医療診断を受けられるアプリ)を集めたページが提供されます。
 
Appleによると、今週から、米国内の一部の国際空港に到着した旅行者のiPhoneには、自宅待機の推奨を含む最新のCDCガイダンスの通知が自動的に送信されます。
 

Apple COVID-19
カテゴリ:Health & Fitness
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Apple
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる