トップページ > 最新情報 > Appleデザインの特製シールドマスク、2,000万枚以上を寄付
2020年4月6日 16時31分

読了まで 212

Appleデザインの特製シールドマスク、2,000万枚以上を寄付

ティム・クック コロナ
 
Appleが顔を覆うマスク(シールド)をデザインし、医療従事者向けに2,000万枚以上寄付するようです。ティム・クック最高経営責任者(CEO)がTwitterで明らかにしました。

デザイナーやエンジニアが総結集

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的蔓延によって、マスクなどを始めとした様々な医療資源の枯渇が指摘されています。こうした危機的状況を受け、Appleティム・クックCEOは6日、Twitter上で医療従事者へ向けてマスクを寄付すると述べました。
 
投稿された動画では、Appleが自社のサプライチェーンを通して2,000万枚以上の特注マスクを用意、政府と協力して、必要としている人たちに寄付する旨が語られました。
 
また寄付するマスクは、Appleのプロダクトデザイナーやエンジニア、オペレーション担当など、社を挙げて開発から供給まで漕ぎ着けたものであることも明らかにされました。つまり、無料ではあるものの立派な“Apple製品”というわけです。素材の確保や製造は米国と中国で行われました。
 


 
すでに最初のマスクはシリコンバレーのある、カリフォルニア州サンタクララ郡の病院に寄贈されたそうで、クックCEOの話では「医師たちからの反応はとても良いものだった」とのことです。2分以内に組み立てられ、調整も可能なのだとか。
 
ちなみに、ティム・クックCEOは3月末にもTwitter上で、Appleによる1,000万枚以上のマスク寄付を表明しています。
 
 
Source:The Verge
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる