トップページ > 最新情報 > ビル・ゲイツ氏、Microsoftの取締役を退任〜故ジョブズ氏とはライバル関係
2020年3月15日 10時53分

読了まで 220

ビル・ゲイツ氏、Microsoftの取締役を退任〜故ジョブズ氏とはライバル関係

ビル・ゲイツ氏
 
Microsoftは現地時間3月13日、同社の共同創業者ビル・ゲイツ氏が取締役を退任すると発表しました。今後は以前から取り組んでいる慈善活動に注力する予定です。

1975年にMicrosoftを起業

ビル・ゲイツ氏は、Microsoftの取締役を退任しますが、サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)のテクノロジー・アドバイザーなどとして、Microsoftへの助言は継続するとのことです。
 
1955年に米シアトルで生まれたビル・ゲイツ氏は、ポール・アレン氏(2018年に逝去)とともに起業するため1975年にハーバード大学を中退し、Microsoftを創業しました。
 
1985年にWindowsを発表、1995年にはWindows 95を発表して大成功を収め、Forbesの世界長者番付で1994年から2006年まで13年連続で世界一になる大富豪としても知られます。

2000年にはCEOを退任、2014年には会長職も退任

2000年にはCEOの座をスティーブ・バルマー氏に委ね、2008年には経営の第一線を退き、2014年には会長の座からも降りています。
 
経営の中枢から退いた理由は、2000年に妻のメリンダ氏とともに立ち上げたBill & Melinda Foundation(ビル&メリンダ財団)の活動に時間を注ぐためでした。
 
同財団は、公衆衛生の向上や貧困問題などに取り組み続けています。
 
ビル・ゲイツ氏とメリンダ・ゲイツ氏
 
ゲイツ氏は、現在も公式ブログ「Gates Notes」や、登録者数191万人を抱えるYouTubeチャンネルでの発信を続けています。

スティーブ・ジョブズ氏とは良きライバル

ビル・ゲイツ氏は、Appleの共同創業者であるスティーブ・ジョブズ氏とライバル関係でありながら、お互いを認め合う関係でもありました。
 
スティーブ・ジョブズ氏とビル・ゲイツ氏
 
ゲイツ氏は近年のインタビューでも、ジョブズ氏の経営手腕を「魔法使いのようだった」と称賛したほか、Appleを「素晴らしい企業」と高く評価しています。
 
2016年には、ゲイツ氏とジョブズ氏のライバル関係を描いたブロードウェイミュージカルが制作されて話題になったものの、資金不足により上演は中止されています。
 
また、ゲイツ氏とジョブズ氏それぞれの娘たちは、馬術でライバル関係にあり、2人ともオリンピック級と評価される腕前とされています。
 
 
Source:Microsoft, Gates Notes
Photo:Joi Ito/flickr, Bill Gates/YouTube (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる