トップページ > 最新情報 > IKEAのスマートブラインド、日本でもHomeKitに対応
2020年1月28日 13時06分

読了まで 159

IKEAのスマートブラインド、日本でもHomeKitに対応


 
IKEAのスマートブラインドシリーズをAppleのHomeKitで利用するためのファームウェアアップデートが日本でも配信されました。LED電球と同様、iPhoneからブラインドの操作が可能になりました。

日本でもHomeKitに対応

IKEAのスマートブラインド「FYRTUR」「KADRILJ」は、1月初めにゲートウェイの最新のファームウェアバージョン(1.10.28)へのアップデートによるHomeKitへの対応を開始しました
 
1月初めの時点では、日本ではファームウェアアップデートが配信されておらず、IKEA Japanに問い合わせたところ「日本での配信時期は不明」とのことでしたが、1月27日の時点で、日本でも利用可能となったことが確認できました。

 
なお、ファームウェアのアップデートは、IKEA Home Smartアプリのアップデートとは別個に、自動的に行われます。

「ホーム」アプリでアニメーション表示も

ファームウェアアップデート適用後、iPhoneの「ホーム」アプリから、筆者の自宅に設置したスマートブラインドを操作できるようになっています。
 
「ホーム」アプリ IKEA スマートブラインド
 
「ホーム」アプリからブラインドを操作すると、動作状況がアニメーションで表示されます。
 
家に置いてあるApple TV、HomePod、iPadをホームハブとして設定すれば、外出先からの操作なども可能になります。

2020年後半には業界標準規格も策定へ

2019年12月、Apple、Google、Amazon、IKEAなどが加盟するZigbee Allianceは、スマートホーム製品の業界標準プロトコルを2020年後半を目標に策定できるよう、連携してワーキンググループを組織すると発表しました。
 
今後は、プラットフォームの違いを意識せずにスマートホーム製品が購入できるようになることが期待されています。
 
 
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる