トップページ > 最新情報 > Apple、AmazonやGoogleとスマートホーム機器向け標準開発で提携
2019年12月19日 00時35分

読了まで 159

Apple、AmazonやGoogleとスマートホーム機器向け標準開発で提携


 
Apple、Amazon、Google、そしてZigbee Allianceが、スマートホーム機器間の互換性を向上させるための、オープンソースの業界標準を開発するため、新しいワーキンググループを形成すると発表しました。
 
Zigbee Allianceの取締役会に名を連ねるIKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify(旧社名Philips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、Wulianも、同グループへの参加を表明しています。

どの音声アシスタントでも操作可能に

現在AppleはSiri、AmazonはAlexa、GoogleはGoogle Assistantと、それぞれ異なる音声アシスタントを軸とした、スマートホーム・ネットワークを構築していますが、今回の提携は、すべてのスマートホーム機器がいずれの音声アシスタントでも操作、連携可能にすることを目的としています。
 
グループは「Connected Home over IP」プロジェクトとして、スマートホーム機器、モバイルアプリ、クラウドサービス間でのシームレスな通信を実現する、業界標準プロトコルの開発を目指します。

2020年後半に仕様案リリース

標準プロトコルはロイヤリティフリーのオープンソースであり、開発コードはGitHub上で管理されます。ワーキンググループは仕様案のリリース目標を2020年後半に掲げています。
 
標準プロトコルが完成すれば、たとえばこれまでAlexaでしか操作できなかったスマートホーム機器がSiriでも操作可能となり、消費者にとっては利便性が大幅に向上するとともに、利用可能なスマートホーム機器の選択肢が一気に拡大します。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる