トップページ > iPhone SE(第2世代) > iPhone12は全モデルが5Gに対応〜iPhone SE 2 Plusが2021年に登場
2019年12月6日 05時16分

読了まで 239

iPhone12は全モデルが5Gに対応〜iPhone SE 2 Plusが2021年に登場


 
2020年のiPhone12は、4モデル構成となり、全モデルが次世代通信規格5Gに対応する、とApple関連製品の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が新たな予測を発表しました。同氏は、iPhone SE 2 Plusが2021年に登場するとも述べています。

日本ではサブ6GHzとミリ波両方に対応したiPhoneが発売か

クオ氏によれば、2020年下半期の登場が見込まれるiPhone12の全モデルが、Qualcomm X55モデムチップを搭載し、5Gをサポートするとのことです。
 
5Gには「ミリ波(mmWave)」と「サブ6GHz(sub-6GHz)」の2種類の周波数帯が存在しますが、Appleはサブ6GHzに対応していない国や地域では、ミリ波でない方の5G機能を無効にするか、5Gの浸透率を浅くし、デバイスの購入価格を低く抑えるだろう、とクオ氏は予測しています。サブ6GHzとミリ波両方に対応したiPhoneが発売されるのは、アメリカ、カナダ、日本、韓国、イギリスの5カ国であり、5G対応機は2020年上半期の全体のiPhone出荷台数の20%を占めるとみられています。
 
5Gは、サブ6GHzでも一定の通信速度の向上が見込まれていますが、真のスピードを発揮するにはミリ波である必要があるといわれています。
 
5G以外にも、2020年のiPhoneモデルはデバイス背面に3Dセンシングモジュールを搭載すると予測されています。また、ディスプレイ内に超音波指紋センサー技術を使ったTouch IDが埋め込まれる、との情報もあります。

iPhone12のサイズとは?

iPhone12は、5.4インチの有機EL(OLED)ディスプレイとデュアルカメラ搭載モデル、6.1インチのOLEDディスプレイとデュアルカメラ搭載モデル、6.1インチのOLEDディスプレイとトリプカメラ・ToF(Time of Flight)センサー搭載モデル、6.7インチのOLEDディスプレイとトリプルカメラ・ToFセンサー搭載モデルの4モデル構成になると予測されています。
 
なお、クオ氏はiPhone SE 2は4.7インチのLCD搭載となり、2020年始めに発売される、と予測しています。iPhone SE 2の筐体は、iPhone8をベースにしたものになるとされています。

2021年のiPhone SE 2 Plusについても予測

クオ氏は、2021年上半期にiPhone SE 2 Plusが発売される、と予測しています。ディスプレイサイズは5.5インチもしくは6.1インチで、フルスクリーンのデザインになるとの見通しです。Face IDの代わりにTouch IDが採用されるため、ノッチは小さくなる、とも同氏は述べています。
 
クオ氏の予測はこれだけでは終わりません。同氏は2021年秋に発売が見込まれるiPhone13についての予測も発表しています。
 
クオ氏によると、iPhone13にはLightningポートは搭載されず、完全ワイヤレスになるとのことです。
 
クオ氏は、iPhoneの出荷台数は毎年6%〜8%伸び、2020年には2億1,000万台、2021年には2億2,500万台に到達すると予測しています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる