トップページ > 最新情報 > 2020年発表のiPhoneはディスプレイ内にTouch IDセンサー搭載の可能性
2019年12月4日 10時35分

読了まで 27

2020年発表のiPhoneはディスプレイ内にTouch IDセンサー搭載の可能性

touch id
 
台湾のタッチスクリーンメーカーとAppleが来週にも2020年発表のiPhoneについて協議を行うと報じられています。協議はディスプレイ内にTouch IDセンサーを組み込む技術に関するものとされ、2020年発表のiPhoneにディスプレイ内Touch IDが搭載される可能性を示唆しています。

超音波指紋センサー技術

台湾のタッチスクリーンメーカー「GIS」はクアルコムが開発した超音波指紋センサーに必要なコンポーネントを供給しています。このGISが来週Appleと2020年に発表されるiPhoneの仕様について協議を行うと報じられています。両社の協議ではディスプレイ内にTouch IDのセンサーを組み込むことの可否やその課題などが議題になると予想されており、協議の結果次第では次期iPhoneからTouch IDが復活する可能性が出てきました。
 

 
ただ、これまでの技術的な課題などをもとに立てられた予想では「2020年もしくは2021年発表のiPhoneからディスプレイ内Touch ID搭載」とされていただけに、導入時期は流動的で協議の結果次第と言えそうです。またコスト的な問題もあってか、「少なくとも一つのモデルに搭載」との予想も出ており、Touch IDの復活に関する予想はまだ固まっていません。

マスク着用時はTouch ID

iPhone Xから採用されたFace IDはメリットが多い反面、従来のTouch IDにはなかった不便さもあります。例えば花粉症の季節や風邪をひいた時などにマスクを着用する人は多いと思いますが、この時マスクをずらさないとFace IDでのロック解除はできません。マスクをつける機会の多い人にとって、Face IDは不便な生体認証なのは確かです。
 
未来のsiri
 
もちろんTouch IDは手袋着用時に機能しないので双方の認証方法には一長一短があるのですが、次期(もしくは次々期)iPhoneでTouch IDとFace IDの双方が搭載されれば、互いの短所を補いつつ、長所を活かせるようになり、iPhoneがさらに便利になるはずです。できるだけ早い時期のTouch ID復活に期待したいと思います。
 
 
Source:MacRumors
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる