Apple、生産台数でHuaweiを上回りシェア2位に浮上か~2019年第4四半期

    iPhone11/11 Pro/11 Pro Max
     
    2019年第4四半期(10月~12月)のスマートフォン生産台数で、AppleHuaweiを抜き、久々にシェア2位へと浮上する可能性が高まっています。

    iPhone11シリーズが好調なApple

    台湾系の調査企業TrendForceによると、2019年第3四半期(7月~9月)にAppleは4,670万台のiPhoneを生産したそうです。前年同期比で+42%の大幅な増加であり、シェア上位のスマートフォンメーカー内でも最も多い伸び幅となりました。
     
    iPhone11シリーズは発表前こそ、多くのアナリストが控えめな予測を出していましたが、いざ発表されると価格やカメラ性能が評価され好調な売れ行きを記録、急きょAppleがサプライヤーに対し増産指示を出したことも観測されています。
     
    TrendForceの調べでは、この勢いは第4四半期も衰えず、同四半期内に計6,900万台のiPhoneが生産される見込みです。このうちiPhone11シリーズが77%を占めています。

    先行き不透明のHuawei

    一方、Huaweiは第3四半期に6,750万台を生産したものの、第4四半期は5,500万台にとどまる見通しです。
     
    お膝元である中国での好調な売れ行きに助けられているものの、許可なしに米企業との取引を禁じる「エンティティリスト」に入っているため、5月以降にリリースされたスマートフォンには、Google Play StoreやGoogle Maps、Gmail、YouTubeといったGoogle公式アプリのプリインストールが見送られています。
     
    そのためTrendForceは、5月以前にリリースされた古いモデルが売り上げを支えるとみる一方、それ以降のモデルやHuaweiの今後の展望については慎重な見方を示しています。

    2018年初以来の2位

    こうした状況を踏まえ、Appleが第3四半期の12.4%から4.3ポイント増加して第4四半期シェアを18.7%に増やす一方、Huaweiは3.1ポイント減少して14.9%になると、TrendForceは予測しています。
     
    trendforce 出荷台数 販売台数 2019Q4
     
    四半期毎での出荷台数比較でAppleが2位の座を取り戻すとなれば、2018年第1四半期(1月~3月)以来の出来事となります。
     
     
    Source:TrendForce
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次