Appleの「スクリーンタイム」機能の特許出願が公開


     
    iPhone、iPad、iPod touchでどのように時間を費やしているのかをリアルタイムで確認し、制限を設けることができる「スクリーンタイム」機能の特許出願が、米国特許商標庁(USPTO)により公開されました。

    特許は2018年9月に申請

    現地時間の11月14日付けで、Appleの「スクリーンタイム」機能の特許出願が公開となりました。2018年9月に「電子デバイス使用の制御、表示のためのユーザーインターフェース(User interfaces for controlling or presenting device usage on an electronic device)」のタイトルでUSPTOに申請されていたものです。
     
    Appleは、スクリーンタイム機能について次のように説明しています。
     

    スクリーンタイムを使えば、自分や子どもがApp、Webサイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。そのため、デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けることができます。

     
    Apple公式Webサイトには、スクリーンタイム機能で「休止時間」「アプリの使用時間の制限」「コンテンツとプライバシーの制限」などの設定項目を管理できると記されています。
     

    ユーザーは機能を使用し続けている

    Appleの世界開発者会議(WWDC)2018で発表されたスクリーンタイム機能は、iOS12から利用可能となりました。
     
    Appleでプロダクトマーケティング部門の副社長を務めるグレッグ・ジョスウィアック氏は、ユーザーの多くはスクリーンタイム機能をオンにしていることを昨年明らかにしており、機能は一定の効力を発揮していると推測できます。
     
    14日付で公開されたAppleの特許出願には、実際のスクリーンタイム機能に非常に近いインターフェースが描かれています。
     

     
     
    Source:Patently Apple, Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次