2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    4万円台のiPhoneと3Dセンサー搭載iPad Pro、2020年前半に発売か

    Apple iPhone8 iPad Pro

    Apple iPhone8 iPad Pro
     
    低価格の「iPhone SE 2」と、背面に3Dセンサーを搭載したiPad Proが2020年前半に発売される、との予測を著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

    低価格で高性能の「iPhone SE 2」

    Apple関連の精度の高い予測で知られるTF International証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が投資家向けに公開したメモで、低価格ながら高性能の「iPhone SE 2」と次期iPad Proに関する予測を明らかにしました。
     
    「iPhone SE 2」と呼ばれる廉価モデルについて、クオ氏は以前の予測内容を改めて公開しています。
     

    • iPhone8と似た外観で、4.7インチディスプレイとTouch IDセンサーを搭載
    • iPhone11シリーズと同じA13プロセッサを搭載
    • RAM容量は3GB(iPhone11シリーズは4GB)
    • ストレージ容量は64GBと128GB
    • 本体カラーはスペースグレイ、シルバー、レッド
    • 価格は399ドル(約43,300円)から

    3Dセンサー搭載のiPad Pro

    クオ氏によると、次期iPad Proは背面に立体物の認識性能に優れたToF(Time of Flight)方式の3Dセンサーを搭載し、2020年前半に発売される、とのことです。
     
    3Dセンサーを搭載したiPad Proが2020年前半に発売、という予測は、Bloombergのマーク・ガーマン記者が最近報じた情報とも一致します。

    2020年3月に発表か?

    クオ氏は、Appleのサプライヤーなどに独自の情報網を持ち、予測を何度も的中させています。
     
    最近発売された製品では、シザー式キーボードを搭載した16インチMacBook Proについての予測が的中しています。

     
    クオ氏が「iPhone SE 2」と次期iPad Proについて、以前の予測を繰り返すということは、予測内容にかなりの自信があると考えられます。
     
    Appleは、3月にイベントを開催して新製品を発表することが多いため、「iPhone SE 2」や次期iPad Proは2020年3月に発表される可能性があります。
     
     
    Source:MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次