トップページ > 最新情報 > AppleのクックCEO、来週トランプ米大統領とテキサス州のApple施設を視察か
2019年11月13日 19時44分

読了まで 20

AppleのクックCEO、来週トランプ米大統領とテキサス州のApple施設を視察か


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は来週、トランプ米大統領と共に米テキサス州オースティンにあるAppleの生産施設を視察する、とReutersが伝えています。

新型Mac Proの組み立てが行われているテキサスの生産施設

テキサス州のAppleの生産施設では、新型Mac Proの組み立てが行われる見通しです。構成する備品の割合は、前モデルの2.5倍になるとされており、新型Mac Proはさらにアメリカ色が濃い製品となるでしょう。
 
AppleのクックCEOは、「Mac ProはApple史上最もパワフルなコンピュータであり、オースティンで組み立てが行えることを誇りに思っている。我々はアメリカのイノベーションの力を深く信じている。すべてのApple製品が米国で設計されており、36州で製造された部品が使用されている。Appleサプライヤーは米国で45万人の雇用を支えている」とコメントしています。

クックCEOのトランプ大統領との関係性の良さが伺える?

Appleは中国で製造されるMac Proの部品15品目を、対中追加関税の対象から外すよう、米通商代表部(USTR)に申請していましたが、10品目のみが課税の対象外として認められました
 
クックCEOがトランプ大統領とテキサス州のApple生産施設を訪問するとの報道に対して、Appleはコメントすることを控えました。ホワイトハウスのスポークスマンは発表すべき予定は今のところない、と述べています。
 
新型Mac Proは、最近人気DJのInstagram投稿に映り込んだばかりです。新型Mac ProはすでにFCC(米連邦通信委員会)の承認を取得しているため、発売は間近に迫っているとみられています。
 
 
Source:Reuters
Photo:Executive Office of the President of the United States/Wikimedia Commons
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる