トップページ > 最新情報 > 2020年のiPhoneはノッチが小型化、5G対応でアンテナ線に新素材採用か
2019年10月23日 01時42分

読了まで 225

2020年のiPhoneはノッチが小型化、5G対応でアンテナ線に新素材採用か

iPhone 2020 Ben Geskin/Twitter
 
2020年iPhoneはノッチ(切り欠き)が小型化して目立たなくなるほか、高速大容量通信が可能な5Gに対応するためアンテナ線が太くなる、とリーク情報で知られる人物が発言しています。Appleは将来的にLightningポートを廃止する計画とも伝えられています。

2020年のiPhoneはノッチが小型化?

スマートフォン関連のリーク情報で有名なベンジャミン・ジェスキン氏が、Twitterで2020年iPhoneについて発言しています。
 
iPhone 2020 Ben Geskin/Twitter
 
Appleは2020年のiPhone用に、Face IDのプロトタイプを複数試作しており、そのいくつかはノッチの幅が狭くなり、いくつかは画面上部のベゼルに収まるほど細くなる、とのことです。
 


 
ジェスキン氏は先日も、2020年のiPhoneではノッチが小型化するとの情報を発信しています。

5G対応のためアンテナ線は太くなり新素材採用か

また同氏は2020年のiPhoneでは、5Gに対応するために、本体側面のアンテナ線が1mm以上の太さとなり、素材はプラスチックではなく、ガラス、セラミック、サファイアが採用される、と発言しています。
 


 

将来はLightningポート廃止、充電もデータ転送もワイヤレスに

ジェスキン氏はいつのiPhoneを指すのかは明言していませんが、AppleがiPhoneからLightningポートを廃止する長期的な計画を持っている、とも書き込んでいます。
 
ただし、Lightningポートの代わりにUSB Type-C(USB-C)を採用するのではなく、充電もデータ転送もワイヤレスに切り替えることが想定されています。
 
データ転送については、iPhone11シリーズで初搭載された超広帯域テクノロジー(UWB)を活用することで、3メートル以内なら500Mbps、10メートル以内でも110Mbpsの転送速度が実現可能になる、とジェスキン氏は述べています。
 


 

名称は「iPhone12」、デザインはiPhone4風と著名アナリスト

2020年のiPhoneについては、Apple関連の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏も、超小型化されたカメラを採用しノッチが廃止されるとの予測を発表しています。
 
クオ氏は、2020年のiPhoneは外観デザインが刷新されiPhone4のようなデザインが採用される、との予測や、名称が「iPhone12」になる、との予測も発表しています。
 
 
Source:AppleInsider, Ben Geskin/Twitter
Photo:Ben Geskin/Twitter
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる