トップページ > 最新情報 > 2020年のiPhoneは「iPhone4」風デザインに?著名アナリストが予測
2019年9月26日 00時49分

読了まで 223

2020年のiPhoneは「iPhone4」風デザインに?著名アナリストが予測

iPhone4 MacRumors
 
2020年に発売されるiPhoneは、デザインが大幅に変更され、iPhone4のような金属製フレームをガラス板で挟み込むデザインになる、との予測を著名アナリストが発表しました。

iPhone4のように金属フレームをガラスパネルが挟むデザイン

Apple関連の正確な予測で定評のあるアナリストのミンチー・クオ氏が、投資家に向けた調査メモで、「2020年後半に発売されるiPhoneは、デザインが刷新される」と述べています。
 
同氏は、2020年のiPhoneのデザインについて、以下のように予測しています。
 

  • 金属製のフレームと前面と背面のガラスパネルという構造は維持される
  •  

  • 現在の金属フレームのデザインは、iPhone4のようなデザインに変更される
  •  

  • 金属フレームは、高周波数帯の電波を妨害しないよう溝が設けられた複雑な構造となり、射出成形製法で製造される
  •  

  • サファイアガラスかガ強化ラスが金属フレームの溝を覆うような構造になる

デザイン変更で製造コストは大幅増?

クオ氏は、2020年のiPhoneについて、デザインの大幅変更により製造コストが大幅に上昇する、とも予測しています。
 
製造コストの上昇幅は、金属フレームは最大で50%〜60%、ガラス製パネルは最大で40%〜50%にのぼる、とクオ氏は見ています。
 
ただし、前面と背面にサファイアガラスではなく強化ガラスが採用されれば、コストの上昇幅は金属フレームが25%〜35%、ガラス製パネルは20%〜30%程度に抑えられるだろう、と述べています。

デザイン変更と5Gで2020年のiPhoneはヒット作に

クオ氏は、2020年のiPhoneは大幅なデザイン変更に加え、次世代モバイル通信規格5Gに対応することで大きく売り上げを伸ばし、サプライヤー各社の売上や利益も伸びる、と考えています。
 
同氏は、新型iPhoneの出荷台数は、2019年モデルの約7,500万台から、2020年モデルでは8,500万台へと伸びると予測しています。

画面サイズ変更とToFセンサーを搭載か

クオ氏は、以前から2020年のiPhoneはデザインが刷新される、と予測しています。
 
2019年6月に同氏は、2020年のiPhoneは、iPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxの後継にあたるモデルの画面サイズが、現在の5.8インチと6.5インチから、5.4ンチと6.7インチへと変化する、との予測を発表しています。
 
また、背面カメラには立体物の認識精度の高いToF(Time-of-Flight)センサーを搭載する、とも予測してます。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる