トップページ > 最新情報 > 2020年のiPhoneはFace IDがベゼルに埋め込まれノッチが完全に消失か
2019年9月27日 05時58分

読了まで 212

2020年のiPhoneはFace IDがベゼルに埋め込まれノッチが完全に消失か


 
デバイスのリーク情報で知られるベンジャミン・ジェスキン氏が、2020年のiPhoneの試作品とみられる画像をTwitterに投稿しました。TrueDepthカメラの構成要素がすべてベゼル内に埋め込まれることで、ノッチが完全に消失したデザインになっているのが特徴です。

サイドと下部のベゼル幅は逆に増大

ノッチとは、2017年のiPhone Xで初めてiPhoneに導入されたTrueDepthカメラを格納するディスプレイ上の切り込みです。当初はこのiPhoneの新デザインに対して様々な意見が寄せられましたが、やがては受け入れられる方向に向かっていき、2019年のiPhone11iPhone11 ProiPhone11 Pro Maxにもノッチは健在です。
 
しかし、やはりノッチはやがて失くなる運命にあるのでしょうか。ジェスキン氏が2020年のiPhoneの試作品とする画像のモデルからは、ノッチが完全に取り払われています
 

2020年のiPhone試作品は6.7インチのディスプレイを搭載し、Face IDおよびTrueDepthカメラシステムがディスプレイ上部のベゼルに埋め込まれている。

 


 
ジェスキン氏が公開した2枚目の写真を見ると、環境光センサー、近接センサー、投光イルミネーター、赤外線カメラ、スピーカー、マイクロフォン、フロントカメラ、ドットプロジェクターが、ベゼル上にずらりと並んでいるのを確認できます。
 

 
この2020年のiPhoneの試作品では、確かにノッチは失くなっていますが、代わりに四辺すべてのベゼル幅が広くなってしまっています。
 

 
ジェスキン氏以外にも、著名アナリストのミンチー・クオ氏が来年のiPhoneでノッチが消失すると予測しています
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる