iPhone11 Proで撮影した、美しすぎるオーロラの写真

    iPhone11 Pro オーロラ写真 Zach Honig/The Points Guy

    iPhone11 Pro オーロラ写真 Zach Honig/The Points Guy
     
    iPhone11 Proで撮影した、美しいオーロラの写真が公開されました。iPhoneを使ったオーロラのきれいな撮り方や、iOS13標準アプリでできる画像編集の方法も公開されています。

    手持ちのiPhone11 Proでここまで撮れる

    iPhone11 Proでアラスカの空に輝くオーロラの写真を撮影・公開したのは、旅行情報サイトThe Points Guyのジャーナリスト、ザック・ホニグ氏です。
     
    一般的に、オーロラの写真は、三脚でカメラをしっかり固定し、長時間露光で撮影する必要があります。
     
    しかしホニグ氏は、iPhone11 Proを手に持って、ナイトモードで3秒間だけiPhoneを固定しただけで、美しいオーロラを撮影しています。
     
    なお、ナイトモードはiPhone11シリーズの各モデルで利用可能です。
     


     

    iPhone11 Proで美しいオーロラを撮る方法

    ホニグ氏は、iPhone11 Proでオーロラの写真を撮影した際の手順を公開しています。
     

    1. オーロラの手前に写る、小屋、雪、木を含めた構図を決定します。
    2.  

    3. 強力な照明で、手前にある被写体を照らします。この明かりを使ってiPhoneのフォーカスをロックします。
    4.  

    5. ナイトモードが有効であることを確認します。ホニグ氏は標準の広角レンズを使ったそうです。
    6.  

    7. 可能な限り、多く撮影します。オーロラの動きは速く、数多く撮影すればきれいな写真が撮れる確率も高まります。
    8.  

    9. 数枚撮影するごとに、フォーカスや露出が適正かをチェックします。

    撮影後の加工はiOS13標準の「写真」アプリだけ

    写真をさらに印象的なものにするために、簡単な加工を施しています。ホニグ氏が加工に使ったのは、iOS13標準の「写真」アプリの編集機能だけだそうです。
     
    左が加工前、右が加工後の写真です。
     
    iPhone11 Pro オーロラ写真 Zach Honig/The Points Guy
     
    ホニグ氏がオーロラの写真にお勧めする加工は、以下の8ステップです。
     

    1. 露出補正。ただし、今回の写真でホニグ氏は露出補正はしていないそうです。
    2.  

    3. ハイライトを抑えて、オーロラの細部を表現します。ホニグ氏は、ハイライトを最低(-100)まで引き下げています。
    4.  

    5. シャドウを引き上げて、写真全体の細部を引き立たせます。ホニグ氏は+18に調整しました。
    6.  

    7. 彩度を引き上げます。ホニグ氏は51に調整しました。
    8.  

    9. 暖かみを引き下げます。ホニグ氏は-13が好みだったそうです。
    10.  

    11. 色合いを調整します。ホニグ氏の写真では、94にしています。
    12.  

    13. 必要に応じて、シャープネスと精細度を引き上げます。ホニグ氏は、シャープネスと21、精細度を91に調整しています。
    14.  

    15. 垂直方向、水平方向のゆがみを補正し、木々が真っ直ぐに並ぶようにします。

     
    このほか、Instagramで公開するなら、縦横比を9:16になるようにトリミングするのもおすすめです。
     
     
    Source:The Points Guy via Cult of Mac
    (hato)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次