2020年の「iPhone12 Pro」をイメージしたコンセプト動画

    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube

    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube
     
    2020年の「iPhone12 Pro」をイメージしたコンセプト動画を、YouTubeチャンネルPath Of Designが公開しました。著名アナリストが予測する外観デザインや、双方向ワイヤレス充電機能などが描かれています。

    iPhone4風の金属フレームデザイン

    2020年のiPhoneについては、著名アナリストのミンチー・クオ氏が「iPhone11s」を飛ばして「iPhone12」になると予測しています。
     
    クオ氏は「iPhone12」のデザインについて、金属製フレームをガラスパネルが挟み込むiPhone4のような外観になる、との予測も発表しています。
     
    公開された「iPhone12 Pro」のコンセプト動画には、フラットな金属製側面を持ち、iPhone11 Proシリーズにハードが搭載されているもののソフトウェアで無効化されているとの情報もある双方向ワイヤレス充電機能が描かれています。
     
    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube
     

    背面に3D認識性能の高いカメラを搭載

    2020年のiPhoneについてクオ氏は、背面に立体物の認識性能に優れたToF(Time of Flight)センサーが搭載され、AR(拡張現実)性能が向上する、とも予測しています。
     
    コンセプト動画では、背面に4つのカメラが搭載されています。
     
    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube
     
    また、ノッチ(切り欠き)のないフルスクリーンの「ProMotion Super Retina XDR」ディスプレイや、USB Type-C(USB-C)ポートが搭載されているのも特徴的です。
     
    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube
     
    カラーバリエーションは、(PRODUCT) RED、シルバー、スペースグレイ、ミッドナイトグリーンの5色が描かれています。
     
    iPhone12 Pro コンセプト Path Of Design/YouTube
     
    Path Of Designによる「iPhone12 Pro」のコンセプト動画は、こちらでご覧ください。
     

     
     
    Source:Path Of Design/YouTube via 9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次