トップページ > iPhone Mania 独自記事 > 【iPhone11ケースレビュー】パワーサポートのエアージャケット(クリア)
2019年10月2日 18時19分

読了まで 247

【iPhone11ケースレビュー】パワーサポートのエアージャケット(クリア)


 
9月20日にiPhone11シリーズが発売され、筆者は2017年11月から利用しているiPhone Xから、iPhone11 Pro Maxの新色ミッドナイトグリーンモデルに買い替えました。iPhoneを買い替えるとき多くの方が検討するケース選び。今回はiPhone背面の美しい色を活かすクリアケースを3種類レビューします。
 
この記事ではパワーサポートのエアージャケット(クリア)をご紹介します。あわせてレビューしたクリアケース記事はこちら。
 

  • 【iPhone11ケースレビュー】White Diamondsの薄型半透明ケース
  • 【iPhone11ケースレビュー】Switcheasyの薄型半透明ケース
  •  

    画面よりケースが高いため、画面を下にしても直接触れない

    iPhoneケースといえばまず挙がるのがエアージャケットシリーズです。Apple純正製品のように、ボタンにぴったりとフィットする構造となめらかな手触り、またケース自体も非常に軽くて薄いのも特徴です。
     
    iPhone11シリーズ向け製品はクリア、スモークマット、ラバーブラック、クリアブラックの4色ラインアップで、今回は最も透明度があるクリアタイプにしました。
     
    装着した前面・背面はこんな感じです。2019年モデルのエアージャケットには、耐久性や安全性に優れた新素材を採用しており、背面は本体カラーをそのまま楽しめるよう高い透明度を誇っています。写真だとスペースグレイのように見えるのですが、ミッドナイトグリーンモデルです。
     

     

     
    背面のカメラ部分は土台部分にあわせて加工されています。横からみると、レンズの一番出ている部分とケースの高さがほぼ同じでしたので、背面を下にして置いてもぐらつきません。
     

     
    手に持ったときはこのような感じになります。ハードケースのクリアタイプはその見た目から、手に持ったときにすべりそうなイメージがあったのですが、適度な厚みがあるためか新素材の効果なのか、エアージャケットは自然なグリップ感がありました。
     

     

     
    側面はサイドボタンや音量調節ボタン、ミュートスイッチ部分が開いている加工で、違和感なくボタンを押せます。iPhoneのディスプレイ部分よりもケースの方が高いため、画面部分を下にして置いても画面が直接触れない設計です。画面を傷つけにくいのが嬉しいポイント。
     

     

     
    底部は、スピーカー部分もぴったりと穴にあわせて開いているほか、Lightning端子部分は端子よりも大きく穴が開けられているため、サードパーティ製ケーブルでも干渉せずに充電できそうです。
     

     
    またエアージャケットシリーズの特徴ともいえる、少しくぼんだ角の加工によりケースの脱着もしやすいです。
     

     

  • おすすめしたい点
  • ・ディスプレイよりケースの方が高いため画面を下にして置いても傷つかない
    ・各ボタンにあわせた精巧な加工でフィット感が高い
     

  • 微妙な点
  • ・指紋がつきやすい素材
    ・少し高めの価格設定

    11 Pro Max用は税込み3,341円

    iPhone11 Pro Max向けのエアージャケット(クリア)は、公式オンラインストアや通販サイトから購入できます。筆者は9月に公式オンラインストアで購入し、その時点では税込み3,280円でした。本稿執筆時点では税込み3,341円となっています。
     
     
    (asm)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる