トップページ > AirPods > 完全ワイヤレスイヤホンの世界市場、2019年第1四半期に1,750万台規模に
2019年6月22日 23時54分

読了まで 215

完全ワイヤレスイヤホンの世界市場、2019年第1四半期に1,750万台規模に

Apple AirPods 第2世代


 
AppleのAidPodsに代表される完全ワイヤレスイヤホンの世界市場規模は、2019年第1四半期(1−3月)に1,750万台に達した模様です。調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが報告しています。

前四半期比で40%の成長

同社の調べによれば、完全ワイヤレスイヤホンの世界市場は、前四半期比で40%の伸びを示し、1,750万台規模となりました。
 
ベンダー別で見ると、Appleは今年3月に第2世代の「AirPods」を発売したにも関わらず、シェアは前四半期と同レベルにとどまった模様です。第1世代AirPodsの売れ行きが発売当時から好調だったのに比べると「第2世代は当初の予想よりも弱いスタートとなった」とカウンターポイントは記しています。
 
カウンターポイントは今回公開した一般向け報告書には各社のシェア(数字)を記していませんが、前四半期となる2018年第4四半期(10−12月)のAirPodsのシェアについては約60%と報告しています。したがって2019年第1四半期のシェアも60%程度とみていいでしょう。

Galaxy Budsが好調なSamsungが初の2位に

Samsungは大きくシェアを伸ばし、初めて2位の座を獲得しました。第2世代AirPodsに先駆けて、ケースもワイヤレス充電対応とした「Galaxy Buds」の積極的なプロモーションが奏功した結果となりました。
 
またGalaxy S10を事前予約したユーザーにGalaxy Budsを無料提供するというプロモーションも、出荷台数の伸びを後押しした模様です。カウンターポイントはこの好調はしばらく持続すると予想しています。
 

ベストセラー上位は高価格機種だが低〜中価格モデルも健闘

完全ワイヤレスイヤホン市場では、150米ドル(約16,000円)以上の高価格モデルがベストセラー機種の上位を占めますが、中国QCYの「T1」と、米JLaBの「JBuds Air」は低〜中位セグメントで好調な売れ行きを示しています。またAnkerのサブブランドSoundcoreの「Liberty Air」、米Tzumiの「Sound Mates」も堅調です。
 
なおGoogle、Amazon、そしてMicrosoftが、今年後半に完全ワイヤレスイヤホンを発売するといわれており、市場はさらに大きく成長する見通しです。
 

 
 
Source:PR Times/カウンターポイント
(lunatic)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる