トップページ > iPhone > 2020年のiPhone12が小型化、12 Maxが大型化する理由は?
2019年6月21日 15時00分

読了まで 234

2020年のiPhone12が小型化、12 Maxが大型化する理由は?

iphone 2018年 2020年 コンセプトイメージ ben geskin
 
2020年のiPhoneは3モデルで、5.4インチと6.7インチの上位版2種類と、6.1インチの廉価版になると考えられています。現行モデルと比較すると、iPhone XSに相当するモデル(iPhone12)が小さくなり、iPhone XS Maxに相当するモデル(iPhone12 Max)が大きくなっています。この理由について、米メディアForbesが興味深い考察を行っています。

2モデルのサイズ差が開いた理由は?

2019年のiPhone発表に先駆けて、早くも2020年のiPhoneに関するレポートが著名アナリスト、ミンチー・クオ氏の名で公開されました。同氏はApple関連について精度の高い観測で知られる人物です。
 
このレポートによると、2020年のiPhoneはすべて有機EL(OLED)ディスプレイ採用となり、5.4インチ/6.7インチモデルが5Gに対応、6.1インチモデルがLTE通信のみ対応となるようです。このことから、5.4インチ/6.7インチが上位版、6.1インチが廉価版になると考えられます。
 

2018年 2020年
iPhone XS 5.8インチ iPhone12(?) 5.4インチ
iPhone XS Max 6.5インチ iPhone12 Max(?) 6.7インチ
iPhone XR 6.1インチ iPhoneXR3(?) 6.1インチ

 
iPhone12はディスプレイサイズが5.4インチへと縮小する一方で、iPhone12 Maxは6.7インチへと拡大する理由について、Forbesは「5.8インチのiPhoneが中途半端な位置を占めている」と分析しています。
 
2018年3モデルの中で最も売れている6.1インチのiPhone XRは、5.8インチのiPhone XSとサイズに大きな違いがありません。しかもXRの次に売れている6.5インチのiPhone XS MaxとiPhone XSとでは、売れ行きに3~4倍の差があると考えられています。その一方で、2016年に発売された4インチのiPhone SEは未だに再販売→即完売が続いています。
 
つまり、端末のサイズ差を極端にしたほうが、消費者の多様なニーズを汲み取って多くの需要を喚起できることにAppleが気づいたのではないか、というわけです。数々のリーク情報で知られるベンジャミン・ジェスキン氏が公開したコンセプトイメージ(2018年モデルと2020年モデルの比較)でもサイズが二極化している様子が分かります。
 


 
なお、5.4インチのiPhone12については「iPhone SE2」として登場するのではないか、との見方も一部には出ています。
 
 
Source:Forbes
Photo:Twitter-@BenGeskin
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる