2020年版iPhoneをアナリストが予測〜iPhone SE 2も登場?

    iPhone XI ケース SlashLeaks

    iPhone XI Max ケース SlashLeaks
     
    投資銀行Barclaysのアナリストが、Appleのサプライヤーから得た情報をもとに、2019年および2020年のiPhoneについて予測しています。

    2019年版iPhoneは3D Touch非搭載に

    今秋の発表が見込まれる3モデルのiPhoneについては、背面カメラの数が増えることを除けばデザイン面では特に大きな変更はなく、量産は例年通り7月から8月にかけてスタートするとBarclaysは述べています。
     
    また3D Touch機能は3モデルすべてで非搭載となり、代わりにHaptic Touchの機能が拡張する見通しです。
     
    次世代iPhone XRについては、RAMが現行の3GBから4GBへと増えるとも予想しています。

    iPhone8をベースとしたiPhone SE 2が登場?

    2020年発表のiPhoneは、5G対応、背面カメラを利用しての3Dセンシング、音響技術を利用した生体認証など、技術面で大きく変化しそうです。また音響技術による生体認証を取り入れることで、画面のどの部分に触れても認証が可能になるかも知れません。
     
    Barclaysによれば、「ごく少数のサプライヤー」が、iPhone8をベースとしたiPhone SE 2が2020年初めに登場する可能性について語ったとのことです。ただし大多数のサプライヤーはiPhone SE 2に関する情報を持っていませんでした
     
    2019年版iPhoneが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイは、Samsungの独占供給ではなく、LGが全体の10〜30%を供給することになりそうです。なおAppleは2020年には、すべてのiPhoneのディスプレイをOLEDにするとBarclaysは見ています。

     
     
    Source:MacRumors
    Photo:SlashLeaks
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次