トップページ > iPhone XI > みずほ証券のアナリスト「2019年のiPhoneは昨年のモデルと代わり映えしない」
2019年6月15日 04時58分

読了まで 152

みずほ証券のアナリスト「2019年のiPhoneは昨年のモデルと代わり映えしない」

Apple iPhone XS
 
2019年の次期iPhoneモデルは、背面にカメラが増える以外に特に代わり映えしない、とみずほ証券のアナリストがコメントしています。

内部のプロセッサも7nmのまま

今秋発表予定の次期iPhoneモデルは、2つのOLED(有機EL)ディスプレイ搭載モデルと、LCD搭載モデルの計3モデルになるといわれていますが、2019年のiPhoneはスクリーンのサイズ、画素数、外観ともに2018年のモデルとほとんど変わらない仕様になると推測されています。
 
ディスプレイは、次期iPhone XS、XS Maxにあたるモデルからタッチの圧力を感知可能なForce Touchが取り除かれ、若干ベゼル幅が狭くなるとされています。
 
また、今年のiPhoneモデルには昨年と同じく7nm(ナノメートル)のプロセッサが採用されると予測されています。次世代通信規格5Gには非対応となる見込みです。

背面の3Dカメラは実現せず?

Appleは、部品の特徴、生産能力・コスト、省電力を考慮した結果、今年のiPhoneの背面に3Dセンシングモジュールを搭載しない決定を下した、とみずほ証券のアナリストは述べています。
 
「大きな変化は改善された背面カメラのみだ」
 
2019年のiPhoneモデルのうち、OLEDディスプレイ搭載モデルはトリプルカメラ搭載となり、LCD搭載モデルはデュアルカメラ搭載が見込まれていますが、みずほ証券のアナリストは、Huawei、Samsungなどがすでにトリプルカメラ搭載のスマホを販売しているため、「新規性に欠ける」との厳しい意見を述べています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iPhone XI, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる