5G対応iPhoneは来年発売、QualcommとSamsungがモデム供給か

    iPhone X 2020 Concept コンセプト ConceptsiPhone/YouTube

    iPhone X 2020 Concept コンセプト ConceptsiPhone/YouTube
     
    次世代モバイル通信規格5Gに対応したiPhoneが2020年に発売され、5GモデムチップはQualcommとSamsungの2社が供給する、との予測をApple関連情報に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

    AppleとQualcommの和解で5G対応iPhoneが現実的に

    AppleとQualcommは先日、訴訟を取り下げて全面的に和解し、6年間のライセンス契約を締結したことを発表しました。
     
    長期化すると見込まれた両社の和解によって、AppleはQualcommから5Gモデムチップの供給を受けることが可能になり、2020年後半に発売されるiPhoneが5Gに対応する、との予測を、ミンチー・クオ氏が投資家向けのメモで明らかにしました。
     

    5GモデムチップはQualcommとSamsungの2社が供給か

    ただし、5Gモデムチップの供給はQualcommの一社独占ではなく、対応周波数によって分けられ、mmWave用は主にQualcomm、Sub-6GHz用は主にSamsungが担当する、とクオ氏は予測しています。
     
    Appleは、リスク分散と競争によるコスト引き下げのため、iPhoneなどの主要部品を複数サプライヤーに分割して発注するのが通例であり、5Gモデムチップでも同様の戦略をとる、というのが同氏の見立てです。

    5G対応でiPhoneの出荷台数は上向き

    iPhoneの5G対応により、iPhoneの出荷台数、サプライヤーの業績がともに押し上げられる、とクオ氏は予測しています。
     
    同氏の予測によると、2020年におけるiPhoneの出荷台数は1億9,500万台〜2億台で、そのうち7,000万台〜7,500万台が5Gモデルになる、とのことです。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:ConceptsiPhone/YouTube
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次