トップページ > AirPods > 次期AirPods、現行モデルよりも高額に?台湾メディア報道
2019年5月9日 12時49分

読了まで 220

次期AirPods、現行モデルよりも高額に?台湾メディア報道

AirPods (第2世代) レビュー
 
次世代のAirPodsは、2019年末までに発売され、価格は現在のモデルよりも高くなるようだ、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

次世代AirPodsはノイズキャンセリング機能を追加?

今年3月に発売されたAirPods(第2世代)に続くモデルについてDigiTimesは先日、ノイズキャンセリング機能を搭載して2019年末までに発売されると報じていました。
 
また、Appleに関する精度の高い情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は、次期AirPodsは内部構造が見直され、複数のチップを1つにパッケージ化したシステム・イン・パッケージ(SiP)が採用される、との予測を発表しています。

サプライヤーが現行AirPods用部品の増産を計画

DigiTimesは現地時間5月8日、AirPodsに使われているリジッドフレキシブル基板を製造するサプライヤーUnitech Printed Circuit Boardが、2020年前半までの受注増に対応するため25%〜30%増産している、と報じています。
 
AirPods(第3世代)がSiPを採用すれば、リジッドフレキシブル基板を搭載する必要がないことから、Appleは2020年もAirPods(第2世代)の販売を継続するのではないか、とDigiTimesは伝えています。
 
そのため、現行のAirPods(第2世代)は同じ価格で販売が継続され、AirPods(第3世代)は、第2世代よりも高い価格がつけられる可能性があります。
 
ただし、米メディア9to5Macはこの情報について、リジッドフレキシブル基板が使われているのはAirPodsだけではなく、Unitech Printed Circuit Boardの受注がすべてAppleからなのかも不明だ、とやや慎重に伝えています。

売り上げが伸び続けるAirPods

世界的にスマートフォン市場が飽和状態となる中、AirPodsやApple Watchなどのウェアラブルや、App StoreやApple Musicなどのサービス部門は、Appleにとって重要さを増しています。
 
Appleは、先日の業績発表で、AirPodsやApple Watchが含まれる「ウェアラブル、ホームおよびアクセサリー」部門の売上高が、前年同期比30%増加した51億ドルとなり、iPadの売上高を上回ったことを発表しています。
 
BCNの調べによると、AirPodsは完全ワイヤレスイヤホンの3月末〜4月始めの国内販売台数シェアで51.9%と、過半数を占めています。
 
 
Source:DigiTimes, 9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる