トップページ > AirPods > 第2世代発売直後のAirPods、完全ワイヤレスイヤホンの販売シェア51.9%!
2019年4月10日 01時25分

読了まで 255

第2世代発売直後のAirPods、完全ワイヤレスイヤホンの販売シェア51.9%!

AirPods (第2世代) レビュー
 
AirPods(第2世代)の発売直後、AirPodsが完全ワイヤレスイヤホン販売台数で51.9%と過半数のシェアを獲得した、との集計結果をBCNが公開しました。

ワイヤレス充電非対応のAirPods(第2世代)がシェアトップ

Appleが3月20日に発表したAirPods(第2世代)には、ワイヤレス充電対応ケースが付属した「AirPods with Wireless Charging Case」(22,800円、以下税別)、ワイヤレス充電非対応の「AirPods with Charging Case」(17,800円)、そしてワイヤレス充電ケース単体販売の「Wireless Charging Case for AirPods」(8,800円)の3製品があります。
 
Apple AirPods(第2世代)
 
BCNが公開した3月30日〜4月5日の販売台数シェアによると、トップに立ったのは「AirPods with Charging Case」で、発売初日から30%のシェアを獲得し、期間中トップを走り続けています。
 
2位は、AirPods(第1世代)で、10〜20%のシェアを獲得しています。在庫品と思われる第1世代ですが、外見は第2世代と同じですし、ワイヤレス充電やデバイス間の高速切り替えなどが不要なら、お買い得感があると言えます。
 
3位〜5位には、それぞれ5%程度のシェアでBose「SoundSport Free wireless headphones」、Sony「WF-SP900」、そして「AirPods with Wireless Charging Case」が並んでいます。
 
集計対象の5日間で、AirPodsシリーズの合計シェアは、51.9%と過半数を超えました

ワイヤレス充電ケース付属モデル、発売直後の品薄が影響?

BCNは「AirPods with Wireless Charging Caseの需要はまだ限定的なようだ」と分析しています。
 
しかし、「AirPods with Wireless Charging Case」は3月20日の発表翌日にはアメリカで配送日が4月にずれ込み、日本でもその後配送までの期間が延びており、発売直後から品薄が続いているため、集計期間には入荷待ちで購入できなかった方も多いと考えられます
 
なお、本稿執筆時点(4月10日午前1時)では、AppleオンラインストアでのAirPods(第2世代)の配送予定日(本州)は以下のように案内されており、「AirPods with Wireless Charging Case」は配送まで約1カ月待ちとなっています。
 

  • AirPods with Wireless Charging Case:5月3日 – 5月14日
  • AirPods with Charging Case:4月18日 – 4月25日
  • Wireless Charging Case for AirPods:4月12日

 
Apple AirPods(第2世代)
 

耳から落ちにくい「Powerbeats Pro」も近日発売

Appleは先日、傘下のBeatsブランドから完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」を発表しており、5月に発売される予定です。
 
Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン
 
「Powerbeats Pro」は、AirPods(第2世代)と同じH1チップを搭載し、iPhoneやApple Watchと簡単に接続できるのに加えて、激しいエクササイズでも耳から落ちにくいイヤーフック、耳への高いフィット感を実現する4種のイヤーチップが付属し、4色のカラーバリエーションも特徴です。
 
iPhone Maniaでは、AirPods(第2世代)とPowerbeats Proを徹底比較した記事も公開していますので、ぜひご覧ください。
 
 
Source:BCN+R
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる