今秋の次期iPhoneはアンテナ素材を変更、屋内ナビゲーションの精度が向上か

    iFixit iPhone XS 分解

    iFixit iPhone XS 分解
     
    2019年秋の次期iPhoneは、内蔵アンテナの素材が変更され、屋内ナビゲーションの精度が向上する、との予測をApple関連情報の精度で定評のあるアナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

    2019年のiPhoneはアンテナ素材を変更か

    ミンチー・クオ氏は、2019年のiPhoneに内蔵されるアンテナは、素材が従来の液晶ポリマー(LCP)から変性ポリイミド(Modified PI)に変更される、と予測しています。
     
    クオ氏は、2018年11月にもアンテナ素材の変更に関する予測を発表していますが、今回の予測はさらに一歩踏み込んだものとなっています。
     
    アンテナの素材を壊れやすい液晶ポリマーから変性ポリイミドに変更することで、歩留まり(良品率)の改善、製造コスト引き下げの効果が期待できます。

    屋内ナビゲーション強化でアンテナ関連のコストは上昇か

    クオ氏は、2019年のiPhoneは、精度の高い位置検出に向く超広帯域無線システム(Ultra Wide Band)に対応し、屋内ナビゲーションの精度を向上させるため、アンテナ関連のコストは10%から20%程度上昇する、と予測しています。
     
    アンテナ素材の変更は、ユーザーにとっては、4G LTE通信を行う上でとくに大きな変化は生じないと見込まれます。

    5G対応の2020年モデル、アンテナ素材は元に戻る?

    クオ氏は、2020年のiPhoneは5Gに対応し、5GモデムチップはQualcommとSamsungの2社が供給する、とする以前の予測を繰り返しています。
     
    2020年のiPhoneでは、アンテナの素材は液晶ポリマーに戻る、と同氏は述べています。

     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:iFixit
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次