トップページ > 最新情報 > Apple、Intelのモデム事業の買収を検討していたことが判明
2019年4月27日 18時08分

読了まで 155

Apple、Intelのモデム事業の買収を検討していたことが判明


 
Appleは、米チップメーカーIntelモデム事業の買収を視野に入れ、交渉を進めていたことがThe Wall Street Journalの報道から明らかになりました。

7カ月間にわたって行われた交渉

AppleIntelの間でモデム事業買収の話し合いが始まったのは2018年の夏だとされています。WSJによれば、交渉は7カ月間にわたって行われたとのことです。
 
しかしながら、結果として交渉はまとまることはなく、AppleはQualcommと全面的に和解することで2020年の5Gモデムチップの供給を確保する選択をしました。Intelは、同日中に5Gスマートフォンモデム事業からの撤退を発表するに至りました。
 
Intelは現在、”戦略代替案”を作ろうとしているとのことですが、いまだ売却も考慮しているようで、Broadcom、ON Semiconductor、Samsungが候補として挙げられています。

5Gモデム開発に苦戦していたIntel

IntelはAppleの2020年のiPhoneモデル向け5Gモデムの開発を行っていましたが、Appleの締切を守ることができず、幾度にもわたるプロジェクトマネージャーの交代を余儀なくされるなど、厳しい状況が続いていました。
 
Appleは新たに1,000〜1,200人の通信エンジニアを雇い、チップの内製化に本格的に乗り出していましたが、5Gモデムの開発は一筋縄ではいかないとされていることもあり、最終的にQualcommとの長期契約に落ち着いた模様です。
 
2020年iPhoneモデルにはQualcommの5Gモデムチップが採用されるといわれています。
 
 
Source:The Wall Street Journal via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる