トップページ > iPhone > Intel、2021年まで5G対応iPhoneが登場しないとの観測を一蹴
2019年4月8日 18時14分

読了まで 217

Intel、2021年まで5G対応iPhoneが登場しないとの観測を一蹴

Apple iPhone X
 
Intelが「2020年までに5G対応モデムを一般デバイスでもサポートする」と改めてコメントし、次世代通信規格である5Gに対応したiPhoneが2021年まで登場しないとする複数レポートを一蹴しています。

2021年まで待たなけばならない理由は

SamsungやHuaweiといったメーカーが5G対応スマートフォンをリリースするなか、市場の関心は5G対応のiPhoneがいつ登場するのかに集まっています。5Gの通信速度は、現在一般的に使用されている4Gの約100倍とも言われており、次世代通信規格として大きく期待されています。
 
しかし、このところ投資銀行CowenやUBS証券のアナリストが相次いでAppleは「2020年も5G対応iPhoneを発売しないだろう」との予測を発表、5G対応のiPhoneは2021年の登場まで待つ必要がある、と推測しています。
 
Appleが他メーカーに大きく遅れをとる理由は、係争中のQualcommと協力できないため、5Gモデムの開発で後手を踏むIntelに頼らざるを得ないから、と考えられています(Qualcomm側はAppleへの供給に前向き)。

Intel直々にコメントを寄せる

こうしたレポートを打ち消すかのように、「2020年登場のiPhoneにIntelの5Gモデムが供給される」との観測が新たに浮上しました。
 
5GモデムのXMM 8160 5Gの開発が遅れており、2020年のiPhoneに間に合わせるためには19年夏までにサンプル部品を、最終的なモデムデザインを2020年初めまでにAppleへ渡す必要がある、とニュースサイトFast Companyが悲観的に報じました。
 
これに対し、他ならぬIntelが同サイトにメールで「2018年11月に述べたように、XMM 8160 5Gマルチモード・モデムを2020年に登場するカスタマーデバイスに向けてサポートするつもりだ」とコメントを寄せたのです。
 
もちろん、“言うは易く行うは難し”という諺があるように、Intelの計画が順調に運ぶとは限りません。しかし、2020年になってもiPhoneが5Gに対応しないという状況は、Appleにとって大きな打撃となるのは火を見るよりも明らかでしょう。
 
ニュースサイトBGRは「良いニュースは」と述べ、2021年まで5G対応iPhoneが登場しないだろうと予測するアナリストたちの予測精度が「これまでも完璧とは到底言いがたい」ことだ、と皮肉っています。
 
 
Source:Fast Company,BGR
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる